汚部屋の片付け屋・掃除、ゴミ屋敷 清掃業者は大阪・神戸・京都のお片づけ小町

ゴミ屋敷脱出!ブログ

2018年12月

2018.12.27

ゴミ屋敷の片付け費用や料金の相場ってどれくらい?

部屋中に不要なモノが散らかっているゴミ屋敷を自分で片付けるのは困難です。

ゴミ屋敷の片付けは業者に依頼することをおすすめします。今回はゴミ屋敷を業者に依頼して片付けるときの片付け費用や相場について紹介します。

業者にゴミ屋敷の片付けを依頼するときの基本料金

ゴミ屋敷の片付けにかかる基本料金は、部屋の大きさによって片付けにかかる費用の相場が決まっています。1R/Kだと3万円、1DKだと5万円、1LDKだと8万円、2DKだと11万円、2LDKだと14万円、3DKだと17万円、3LDKだと19万円前後です。

この基本料金に含まれるのは、回収品の片付けや処分費を含めた最低費用の目安になります。ゴミや不用品量に応じて料金が変わってくる点に注意が必要です。また、マンションやアパートのように階段での移動が必要になる場合は、ゴミ屋敷の片付け費用以外に別途で手間分の費用が必要になります。

基本料金のみでゴミ屋敷の片付けを依頼する場合の業者の動きとしては、最初に部屋の中の不要品と必要品を分別して片付けます。その後にゴミや不用品を運搬して回収し、買取できるものがあれば買取する流れです。買取してもらった場合、買取金額分だけ基本料金は安くなります。

オプションで発生する料金

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する場合、基本料金とは別にオプション料金が発生します。オプションで付けることが多いのは、汚れが目立つところのハウスクリーニングです。業者によって費用は異なりますが、一カ所あたり1万円から対応してくれるところが多くなっています。

ゴミ屋敷の片付けをするときは、あわせてリフォームや解体工事を行うケースも少なくありません。この場合、リフォームや解体工事にかかる料金が別途で発生します。片付けを依頼する業者で対応してくれるケースもあれば、自分でリフォームや解体工事をしてくれる業者を依頼するケースもあります。基本的に、片付け業者が紹介してくれる業者は相場よりも安い場合が多いです。

業者によっては、コース料金を設定しているところもあります。オプション料金がコースに含まれていることもあるので、利用したいオプションがあるときはコースに含まれているオプション内容も確認しておきましょう。他にも、庭の草刈りや木の剪定などのオプションがあります。

不用品の処分やゴミの運搬にかかる費用の相場

不要品の処分やゴミの運搬にかかる費用は、基本料金に含まれているケースが多くあります。これらにかかる料金は数万円が相場ですが、基本料金に含まれてない業者もあるので、事前に内訳を確認しておきましょう。

家電ゴミを処分する場合、リサイクル料が発生します。この費用については、別途支払いにしている業者が多いので注意が必要です。エアコン、乾燥器、冷蔵庫、テレビなどの家電ゴミが、リサイクル料の支払いが必要になる家電になります。リサイクル料の相場は、1000円から10000万円ほどで大型家電になるほど高くなるので注意しましょう。

ゴミ屋敷の片付けは業者に依頼するのが一番

ゴミ屋敷の片付けは、基本料金やリサイクル料、オプションも含めると10~30万円程度が相場です。ゴミ屋敷を一人で片付けすることを考えると、業者に依頼してゴミ屋敷を片付けしてもらった方が手間もかかりません。

ゴミ屋敷を放置したままだと、行政執行の対象になるので注意が必要です。ゴミ屋敷の片付けが行政執行になると、数百万円を超える片付け料金が請求される場合もあります。無料で見積もりをしてくれる業者も多いので、まずは見積もりをしてもらってから検討しましょう。

まとめ

ゴミ屋敷の片付けにかかる費用の相場は、基本料金、オプション、処分料を含めて最大で30万円程度です。自分で出来る片付けは事前に自分でしておくことによって、相場より安く済ませることもできます。安い料金で依頼したいときは、複数の業者から見積もりを取り、安い業者に依頼するとよいでしょう。