汚部屋の片付け屋・掃除、ゴミ屋敷 清掃業者は大阪・神戸・京都のお片づけ小町

ゴミ屋敷脱出!ブログ

2015年07月

2015.07.28

片付けの面倒なDM・手紙は玄関に散乱してゴミ部屋に

玄関に置けるアイテムでゴミ部屋を予防する片付け

玄関は仕事から帰ってきて一番に目にするだけに、綺麗に片付けられていると気持ちの良いものです。それでも、一人暮らしで仕事が忙しい場合などには、DMを投函されてしまったり、郵便物など、かさばるものも玄関に溜まりがちです。DMや手紙などが散乱すると、玄関だけでなくゴミ部屋になってしまい、ますます片付けが面倒になることもあります。

不要なDMや手紙だけであればまとめて捨ててしまえば良いのですが、郵便物やカタログ、個人情報が書かれているもの、紙とビニールが混ざっているものなどは、片付けが面倒でゴミ部屋になりやすい傾向があります。特に、一人暮らしの玄関は狭いことが多いので、ゴミ部屋にしない為にも、便利なアイテムを用意しておくと役立ちます。

最近では、個人情報を消すスタンプなどのアイテムや、狭いスペースにも置けるアイテムがあるので、これらを利用すると便利です。

玄関にあると片付けしやすい!個人情報処理アイテムとゴミ箱

玄関を綺麗に片付けて快適な空間にするためのアイテムは豊富に市販されています。中でも、個人情報をその場で塗りつぶせるスタンプや玄関にも置ける小型のシュレッダーなどは、玄関に置くスペースがあれば、その場で処理できてとても便利です。

また、玄関をゴミ部屋にしない為のアイテムとして、スリムで場所を取らないゴミ箱なども売られています。そして、DMや手紙に入っているカタログなどで、不要なものを片付けるのに便利なのが、新聞なども片付けられるスタッキングタイプのゴミ箱です。

これですと、部屋にDMや手紙などが散乱してゴミ部屋になりにくくなりますし、紐でまとめてゴミの日に出す際にも便利です。

多少は場所を取るアイテムですが、玄関やその近くに置けるスペースがある場合には大変おすすめのアイテムです。また、キャスター付きのものですと、片付けの際にも動かしやすくて便利です。1人暮らしをしていると、仕事や通勤にどうしても時間を取られ、ゴミ部屋になることもあるでしょうが、こうした便利なアイテムを上手く利用してゴミ部屋を綺麗にすると、生活もより快適になります。

今回は、玄関の片付け方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回紹介した方法をする時間がない、実行したけど汚部屋になってしまう場合は、私達お片付けのプロにお問い合わせください。早く、安く、丁寧に女性スタッフがあなたのお部屋をお片付けします。

ーお問い合わせはコチラー

ok-komachi.com/contact/

2015.07.15

小物が散乱しているゴミ部屋は人にも影響する

部屋の中を歩けないほどのゴミ部屋を片付けるコツ

仕事が忙しくてなかなか部屋の片付けができない、掃除ができないということはないでしょうか。

ある程度であれば仕方がないとあきらめがつきますが、それがあまりに度を越してしまうと部屋を自由に歩けないほどのゴミ部屋となってしまうので注意が必要です。ゴミ部屋はものが散乱していることで掃除や片付けがしにくくなり、時間がたてばたつほど状態が悪化していきます。

小物が散乱して部屋の中を自由に歩けない状態になった、もしくはその手前の段階で早急にゴミ部屋解消の策を打たなければいけないのです。

そのためにも日ごろの片付け、掃除が重要になってくるのですが、歩けない状態になるまで部屋にものをため込む人がそう簡単に生活を改善するのは難しいですね。

散乱した小物を大箱に片付けよう!歩けない部屋から快適スペースへ

先にも述べたように忙しくて片付けをする余裕がない人にとって、こまめな掃除、片付けは負担となってしまう可能性があります。そこで今回おすすめしたいのが、ゴミ部屋の見た目だけを先に解消する方法です。

まず、部屋の中の「歩けない」という状況を解決しましょう。大きな箱を用意します。多くの場合、床に散らかっているのは小物類ではないでしょうか。これらをひとまず大箱にすべて入れて歩けない状況を無くしてしまいます。すると今まで見えていなかった床が顔を出し、ゴミ部屋がなんとなく解消されたような気分になります。

ゴミ部屋の主な原因だった小物を片付けてしまえば、次は部屋に溜まった埃などが目につきはじめます。目についたものだけでもゴミ箱に捨てるようにすれば、汚くて歩けないということがなくなりますね。

大箱に入れた小物も少しずつ整理していきましょう。箱からはみ出すまでは何をどれだけ詰め込んでも良い、という目安をつけておくと実行しやすいですよ。

こまめに分類しながら片付けるのは面倒だと思う人は、まず歩けない床をすっきりさせることから始めてみてください。