汚部屋の片付け屋・掃除、ゴミ屋敷 清掃業者は大阪・神戸・京都のお片づけ小町

ゴミ屋敷脱出!ブログ

2015年08月

2015.08.25

ゴミ屋敷清掃業者の選び方|便利屋さんに頼む際の注意点

清掃業者以外にもゴミ屋敷を解消できる会社はある

一人暮らしの女性にとって時に悩みとなることが、自宅がゴミ屋敷と化してしまうことです。忙しいとつい家事が後回しになってしまい、マンションによってはゴミの収集日が決まっていてタイミングが合わない、それゆえ清掃が追いつかず、ゴミ屋敷となるのです。

そうなったら自分一人で清掃するのは難しく、業者に依頼した方が良いのです。ただし女性の場合、ゴミ屋敷清掃とはいえ、自宅に男性が入ってくるのに不安を感じることもあるのではないでしょうか。そういう時は女性スタッフを指名することのできる便利屋などがありますので、そちらを利用することがおすすめです。ただし便利屋によって料金が複雑になることもあるので、事前に確認することが必要となってきます。

ゴミの処分は別料金である可能性に注意

ゴミ屋敷化した自宅の清掃を便利屋などの業者に頼む場合、確認しておきたいことがいくつかあって、その一つがゴミ出しにかかる費用です。清掃費用の中にすべてがセットになっているのか、それともゴミ出しに関しては別料金となっているのか、これを事前に確認しておかないとトラブルとなってしまう可能性があります。

普通の家でもそうですが、ゴミ屋敷と化している場合、捨てるものも多数出てくるはずなので、事前に料金はしっかりと確認することが求められます。また清掃に関してもランクがあるはずですので、自分に必要なものを選ぶことが大切になります。ゴミ屋敷の清掃となると家電も出てくるかもしれません。

リサイクル法に関わるものは別料金としている業者も多いです。高額の料金となってしまうので、事前の確認が求められます。そして無事にゴミ屋敷から脱却したら、次はそうならないように事前に手を打つことが大事です。自分で片付けが無理なら定期的に便利屋などを利用して、綺麗な状態を保つように心がけましょう。

2015.08.11

収納が面倒で大量の服が散らかるゴミ部屋に住む人

収納から見直す片付けで服が原因のゴミ部屋を解決

ゴミ部屋に住む人は、片付けが面倒になってしまい、服が収納されないで、室内に散らかるといったパターンになりがちです。

ゴミ部屋になってくると、服を収納するのさえ手間に思えてきますし、片付けをしなくても平気な気分にもなってきます。マイナスの意味で、服の収納が全くできない、片付けのできないゴミ部屋での生活が、日常的なものとなってしまうのです。そうなると、ゴミ部屋が特別なものとも思わず、日常的な 生活にもなってきます。

時折、片付けをしようと思いはするものの、どこから整理したら良いのか分からずに、また散らかすという負のスパイダルにハマるパターンです。服が散らかるからといって、収納を増やしても、なかなか整理整頓はできないままです。

片付け時に吊るして収納すれば自ずと不必要なものが分かる

服の収納ができないことで、片付けができなくなり、ゴミ部屋と化しているケースでは、服の収納といった片付け方法から見直していきます。 ゴミ部屋からの脱出のために、クローゼットに収納されている洋服は、必要かどうかチェックします。ゴミ部屋は、足元にも片付けきれない洋服が散らかっているケースが多いです。そのため、ゴミ部屋改善には、まずはクローゼットの衣類を整理してスペースを作りましょう。

すでに1年位着用していない衣類であったり、サイズが合わない、素材が気にいらないなど、不要と判断した衣類は、思い切って処分をします。リサイクルショップに売れば、多少のお小遣いにもなります。誰かにあげてもいいでしょう。服を少なくしたら、今度は衣類をたたむ手間を省く工夫をします。

片付けをするのには、たたむよりも、吊るしてクローゼットに収納すれば、手間が省けます。衣類は何を持っているかもわかりやすいです。スッキリしますから、いらない物があれば、それもわかりやすくなります。

今回は、服の片付け方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回紹介した方法をする時間がない、実行したけど汚部屋になってしまう場合は、私達お片付けのプロにお問い合わせください。早く、安く、丁寧に女性スタッフがあなたのお部屋をお片付けします。

ーお問い合わせはコチラー

ok-komachi.com/contact/