汚部屋の片付け屋・掃除、ゴミ屋敷 清掃業者は大阪・神戸・京都のお片づけ小町

ゴミ屋敷脱出!ブログ

2015年12月

2015.12.01

ゴミ屋敷の自力での清掃はいくらくらい?家電も処分する場合

いくらでゴミ屋敷が解消できるかは事前準備の工夫次第

居住している住宅が、いわゆるゴミ屋敷になってしまった方のケースでは、できるだけ早期に片付けることが良い方法です。

ゴミ屋敷になると近隣住民の方々にも迷惑をかける要因となってしまう場合も多く、室内に関しても腐食してしまったりと、衛生上の問題としても好ましくありません。

ゴミ屋敷を自力で清掃することを考えたならば、費用がいくらかかるのかで迷ってしまうこともあります。

実際にいくらかかるのかは、ゴミの量によっても大きく変わり、家電品などを多く持っている方は、家電リサイクル法に従って処分することになるために、予め決められた家電品の種類によってはリサイクル費用だけでも数万円かかることがあります。

また、全体的な費用がいくらかかるのかは、対象となる廃棄物の材質や量によって変わり、状態次第では1人暮らしならば20万から30万程度の費用がかかってしまうこともあり得ます。

家電の処分料や人手のことも考慮して

ゴミ屋敷を自力で解決するには、家電の処分にいくら必要かも把握しておきましょう。

また、その他のゴミも一度に多く出すなら、自ら処分場へ持ち込むことになります。

いくら程度を目安とするべきか、地域や持ち込んだ量などに左右されますが、大体ゴミ袋一つで数百円程度です。ただし、家電はリサイクル法に則って、数千円かかるものばかりですので注意しましょう。勿論、自家用車で往復するならその分のガソリン代といった間接的な費用も頭に入れておかなくてはなりません。

近年では家電のみをリサイクルショップに引き取ってもらう方法も人気ですので、利用してみてはいかがでしょうか。一台いくら、と値段がほとんどつかない場合でも、処分料金を支払うよりはお得になるはずです。家電に限らず、衣類や玩具も引き取ってもらうと処分場へ持ち込む量がぐっと減って節約することが可能です。

清掃や処分にいくらかかるかは、このような事前準備が大切ですので、頑張ってくださいね。

実際に作業する際は、室内を清掃する人、不要品といる物を分ける人、ゴミを処分場へ持ち込む人と最低3つの役割を決めましょう。

また「どこに捨てにいけばいいか考えるのが面倒、費用を計算する時間がない」という方は、私達にお任せください。面倒な作業を私達がまとめてさせて頂き、更にお部屋も綺麗にお掃除致します。

ーお問い合わせはコチラー

http://ok-komachi.com/contact/