汚部屋の片付け屋・掃除、ゴミ屋敷 清掃業者は大阪・神戸・京都のお片づけ小町

ゴミ屋敷脱出!ブログ - 解体工事

2020.04.02 10:15

ゴミ屋敷の片付け費用が高額になる内装解体の有無

 ゴミ屋敷の処理は内装解体で費用が膨れ上がる前に

ゴミ屋敷の内部は天井に届かんばかりの大量のゴミで埋め尽くされており、ホコリや食べ物の汚れ、湿気などの影響でしみやカビなど内装が汚れているケースが目立ちます。

仮に内装が汚れていなくてもゴミ屋敷ならではの悪臭が壁紙などに残ってしまい、片付けをした後でも悪臭を放つことがあります。内装を本格的にリフォームするためには100万円以上の費用がかかることも珍しくないため、できるだけ費用を抑えたいと思うのであれば壁紙や床などの内装に影響を与える前にゴミ屋敷を片付ける必要があるでしょう。

あまりにゴミが多い場合は素人だけでゴミ屋敷の片づけをするのは困難であるため、専門の業者に依頼をしてゴミの撤去を目指すと良いでしょう。

床や壁に影響が出る前に片付けよう!内装費だけで100万超えることも

内装が汚れるほどのゴミ屋敷であればそこで生活する住民の健康への悪影響が懸念されます。ホコリやカビなどハウスダストの影響で肺や鼻、喉などの呼吸器系統のトラブルに発展したり、ダニやゴキブリといった害虫によるアレルギーなどの症状が起こりやすい環境です。

また、ゴミ屋敷の内装だけに留まらず屋外に悪臭が放たれたり、害虫の繁殖なども考えられるため大変不衛生です。ゴミ屋敷だけで被害が留まればよいですが、たいていは近隣の住宅へも何らかの影響を与えており、放火や失火などの危険とも常に隣り合わせであるため気が抜けません。

内装が見えないほどのゴミ屋敷に住んでいる人は心の悩みであったり、何らかの病気で苦しんでいることが考えられるためクリニックを受診させたり早めに業者を呼んでゴミ屋敷内部、外部の片づけを行うなど、費用を惜しまずにできることから行っていくのがおすすめです。

費用を惜しんでゴミ屋敷の状況が悪化してからよりも、散らかり具合が軽い状態で対策をスタートしたほうが費用の総額を節約することにつながります。

2020.02.28 13:15

ゴミ屋敷の解体工事の危険性とトラブルになる理由

 ゴミ屋敷の解体工事の危険性と業者選びについて

近年多くの自治体で問題視されているゴミ屋敷問題ですが、専門の解体業者を使って解体工事を行うときにはさまざまな危険性が考えられます。

まずゴミ屋敷の解体工事で危険視されているのが大量のゴミやホコリによるトラブルです。解体業者の作業員が粉塵やカビの胞子を吸い込んで呼吸器系統への悪影響が懸念されるほか、解体工事中に屋外に運び出されるホコリや悪臭などによって近隣住民への健康被害も懸念されます。

しかしゴミ屋敷をそのまま放置することも失火の危険性があるため、ゴミ屋敷解体工事を行うときには近隣住民への配慮もしながら安全に解体工事を遂行する解体業者を選ぶことが肝心だといえます。そのためにはゴミ屋敷問題に取り組んだ当初からの業者選びがカギとなります。

近隣住民への配慮が大切!ゴミ屋敷回答業者を選ぶポイント

ゴミ屋敷の解体工事を行う業者を選ぶ際には、さまざまな危険からゴミ屋敷持ち主や近隣住民を守るために経験をたくさん積んだ解体工事業者を選ぶのがお勧めです。過去の解体工事実績や、家屋の倒壊、作業中の粉塵などの危険性について十分な知識や技術を持っているかを調べましょう。

また、時としてはゴミ屋敷住民といさかいが起こる危険性もあるため、スムーズにゴミ屋敷の持ち主と交渉ができるような業者を解体業者を選ぶことも重視したいポイントです。

不用品や可燃物の処理など適切に行う解体業者かどうかも確認しておくと良いでしょう。ゴミ屋敷の持ち主は時として実にさまざまなゴミを収集していることもあり、危険ゴミと呼ばれるような品もたくさん収集していることが考えられます。そのためゴミについて豊富な知識と適切な処理ができる経験、スタッフを兼ね備えている解体業者を選べば、近隣住民が安心して見守ることができる解体工事を実現できるでしょう。

解体工事のご相談はこちらから

2016.09.12 15:40

無料の不用品回収業者を依頼した方が安い?解体依頼前に気を付けたい落とし穴

ゴミ屋敷解消のために回収業者を利用するなら慎重に

家族や親族などの住まいが、所謂ゴミ屋敷になっているという人は少なくありません。ゴミ屋敷にあふれた不用品は、家で暮らす上で大きな支障になりますし、外観も決して見た目の良いものではありません。

また、不用品が大量にあると、火災などの危険も伴いますし、ゴミの出す臭いや虫の発生など、その家自体だけでなく、近隣の住民にも大きな迷惑となってしまいます。

こうしたゴミ屋敷を解体する際には、不用品をきちんと処分する必要がありますが、解体業者にまとめてお願いすると処分費が高くかかってしまうこともあります。

地域で営業している無料の不用品回収業者を利用するのも良いですが、注意が必要です。品物によっては回収してもらえなかったり、手数料を別途請求されてしまうなど、トラブルが起こる可能性もあります。

手数料は別請求の回収業者も!追加料金なしのゴミ屋敷専門業者が安心

処置に困ったゴミ屋敷を片付ける、あるいは解体するためにはまず家の中を占拠している大量の不用品を処分しなければなりません。

しかし、色々なゴミが混ざった不用品を自力で処分するのは非常に大きな労力が必要になります。行政の回収サービスを利用するにも、品目が多くなると回収にかかる費用も高くついてしまいます。ゴミ屋敷を解体する際に、解体業者に処分をお願いすることも出来ますが、どうしても費用が高くなってしまいます。

そこで、こうしたゴミ屋敷の片付けに特化した専門業者を利用するのがおすすめです。最近はこういった専門業者も増えてきていますが、業者の中には作業後に追加料金を請求してきたり、見積もりと違う金額を提示してくるということもあります。信頼のおける優良な業者を探すことが大切です。

作業前に現地を見てから見積もりを出してくれる、あるいは作業後の追加料金が発生しないなど、業者のサービスや評判などを前もってよく調べておくことが大事です。

  • 1 / 1