ゴミ屋敷脱出!ブログ

2019.10.26

実家がいつのまにかゴミ屋敷に・・・。片づけを拒む親を説得するには

実家のゴミ屋敷は最も困難な親の説得が結果を左右する

実家に帰るといつの間にか物が増えていて、親を説得してもなかなか納得せずにどんどんゴミ屋敷になっていく、という悩みはないでしょうか。このような悩みは、多くの子供が抱えている深刻な問題として最近注目を集めています。これに関しては、物を捨てることを勿体無いと考えている世代ゆえの考え方の違いに理由があるというケースもあれば、子供が巣立って広くなってしまった寂しさを埋めるためという場合もあります。

子供がいなくなって広く感じるようになった家を埋めるために、どんどん物を増やしたことによってゴミ屋敷になってしまったというものです。いずれの場合も親御さんなりの理由がある上、物を捨てるという考えや気力が衰えてきているため、どんなに子供が説得しても改善することが難しいとされています。ですが、そのまま放置していると健康被害や怪我などのリスクが高まってしまいます。放火や近隣住民とのトラブルに発展してしまうという危険性もあるので、子供の立場としては早急に解決したい問題であるのも確かです。

第三者を挟むことで冷静な決断を促そう!歩み寄ることが大切

ではどのようにして親を説得して実家のゴミ屋敷状態を改善していくのか、を考えなくてはなりません。しかし、子供だけで親を説得しようとしても、ついつい厳しい口調や言葉になってしまいます。親も心情的に子供に従うということが難しいため、なかなか改善しにくい部分があります。特に他人よりも遠慮なくものが言えるからこそ、感情的になりやすく、説得しても通用しないということが多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、説得をする際に第三者を挟む方法です。親子だけだと主張のぶつけ合いとなり、遠慮がなくなってしまうのですが、第三者を挟んで話を進めてみるとスムーズに進むことが多いです。お互いを冷静に見てくれる存在がいると言うのは、非常に大きなポイントとなっています。

たとえば、実家に関してよく知っている人を挟んで話し合いをすると、互いの心情を汲み取ってもらいやすいです。何より、ゴミ屋敷になっているという事実を第三者に指摘されるだけでも親御さんの心象が大きく変わることでしょう。また、冷静な意見が聞けるからこそ親子が歩み寄りやすい部分も見つけやすいので、ゴミ屋敷化が再発するのを防ぎやすくなります。

2019.08.15

家事代行業者もゴミ屋敷解消に一役かってくれる

ゴミ回収までしてくれる家事代行業者のサービス

忙しい女性が珍しくなくなった現代では、ゴミ屋敷問題も対岸の火事とは言えなくなってきました。

対策としては家事代行業者に定期的な清掃を依頼するなどの方法があるのですが、それすらも難しいという人もいるでしょう。外では身ぎれいにしていても、家の中では疲れ切って家事をする気力がなかなかわかないものです。

代行してくれるところがあるといっても、定期的に呼ばなくてはいけないのは面倒ですね。収集日に出すのを忘れていたゴミ袋がたまり、いつの間にかゴミ屋敷になってしまったというケースもよく見られます。家のことをしてもらうために定期的に何度も家事代行業者を呼ぶのが難しくても、ゴミ屋敷の解消に一度だけ家事代行業者を依頼するのは難しくない筈。女性の場合は特に異性のスタッフが来ることに抵抗がありますね。

しかし、このようなところでは女性スタッフが多いので、他よりも依頼しやすいという利点があります。

女性スタッフが多い業者ばかりなので安心

ゴミ屋敷の解消に家事代行業者を使うなんて、と思うかも知れません。しかし、ゴミ屋敷を元に戻すにはゴミだけを捨てれば良いというわけではありません。

掃除技術に優れた家事代行業者は、主婦経験を元にスタッフとして働いている人も多いです。そのため手際良くゴミを片付け、隅々まで掃除もしてくれます。不要品やいつの間にか忘れていた食べ物が腐ってしまったものなど、ゴミ屋敷には菌やホコリが溜まり易いスポットが豊富です。

清掃サービスが得意な家事代行業者に依頼すれば、カビ取りなども料金内で依頼できることもあります。依頼する先を選ぶ際に、料金システムと共に作業内容を聞いてみると良いでしょう。

カビ取りなどをしてくれる代わりに、ゴミの回収は別料金だったり取扱い不可だったりする可能性も考えられますので、必ず作業内容は確認を。

一方で、ゴミ屋敷の清掃をメインとした家事代行業者も見かけるようになりました。こちらはきちんと回収まで行ってくれるところばかりなので、ゴミの回収も引き受けてくれるプランがあるかどうかで選ぶのも一つの方法です。

2019.07.03

ゴミ部屋清掃業者の選び方|料金システムの内容で決める

家電とゴミの量の比率で部屋の適切な清掃料金が変わる

仕事やプライベートが忙しく、いつかはきれいにしなくてはいけないと思いながらも、気が付いたらゴミ屋敷状態になっていたという人は決して少なくありません。部屋の中がこのような状況になってしまった場合には、もはや自分一人の力ではどうにもなりません。

それより少しでも早く、ゴミ屋敷となってしまった部屋の清掃をしてくれる業者を見つけ、作業を依頼することが鉄則だといえます。

こうした部屋にあふれかえっているゴミの清掃を行ってくれる業者はたくさんありますが、それぞれに料金システムが異なっています。実際に部屋を清掃してもらった料金を払うことを考えると、事前にきちんと業者を選んでおかないと、思いがけなく割高な料金を支払うことになってしまいかねません。

家電が多い場合などはパック料金を活用しよう

ゴミ屋敷から脱却するためにこうした清掃業者を利用する際には、きれいにしなければならない部屋の状況に応じて、依頼方法を決めることが大切です。

たとえば処分しなければならない荷物の中に家電が多く含まれている場合には、パック料金を活用すると、比較的安い料金で作業を行ってもらうことができます。ある程度以上のゴミがたまってしまった場合に、自分一人の力で作業をするのには、限界があります。

そのため清掃を行ってくれる専門の業者に、部屋の清掃を依頼することが得策だと言えます。また部屋の中にあふれているゴミを清掃してもらう際には、さまざまなパック料金を利用することも重要です。

散らかった部屋を清掃し、ゴミを一掃してもらうために業者を依頼する際には、それぞれの業者の料金システムを比較・検討し、自分にあったところを選ぶことが大切です。自分にあった料金プランのある業者を見つけることができれば、コストパフォーマンスの良い清掃作業を依頼することができるでしょう。

2019.05.27

"もったいない"は危険!物を溜めこむ癖が原因でゴミ屋敷に

もったいないを考えないゴミ屋敷の片付け

誰でもゴミ屋敷を生み出してしまう可能性があります。

それは、「もったいない」からと言って物を片付けることができなくなることです。例を挙げれば、子供のころの思い出が詰まった物や、ほとんど使うことはないが、いつか使うことがあるかもしれないので捨てるのがもったいない、といったことにより物を片付けることができなくなり、どんどん物がたまっていき、気づいたときにはゴミ屋敷ができていた、ということがあります。

「思い出のある品だから」「いつか使うものだから」といった当たり前の考え方が、片付けることができない原因なのです。つまり、古来からの日本人特有の「もったいない精神」が、皮肉にもゴミ屋敷を生んでしまっているのです。

溜め込む癖改善!もったいないからゴミ屋敷となった方の片付け法

もったいないからと言って今までの思い出の品や、いつか使うときが来るだろうといった物を片付けることができずゴミ屋敷が生まれてしまう人のための改善方法が二つあります。

一つ目は、思い切って捨てる気持ちを持つこと

一度、思い切って「今すぐ必要なもの」以外はすっきり捨てることが大切です。こうすることで「もったいないから、もう無駄な買い物はやめよう」と、新たなゴミを生むこともなく、さらに「ものを大切にする心」が生まれます。つまり、ゴミ屋敷の片付けができるだけでなく、ゴミ屋敷の発生も防げます。

二つ目は、思い出の品は捨てるが思い出は捨てないこと

子供のころの思い出の品などは自分だけの思い出がこもっているため、片付けてしまうのはもったいないと言ってなかなか片付けることができません。しかし、その思い出の品の写真を撮れば、写真は残るので思い出は失われません。どうしても捨てられないような品ならば、そのような思い出の品をまとめて飾るような場所を作ると効果的です。どちらにも共通しますが、とにかく「もったいない精神」を捨てることがゴミ屋敷を解決する一番の方法です。

2019.04.16

ごちゃごちゃしがちなキッチンをスッキリさせる片付け術!

キッチンをすっきり片付ける手軽なコツ

キッチンと言うのは、家の中でごちゃごちゃとしがちなスペースです。引き出しを開けると種類がバラバラでごちゃごちゃと物が入っていたり、お皿もまとまりがなかったり、よく見るときれいに片付けられていない状態なことがよくあります。確かにキッチンは、収納スペースがあまり無いのに、使用する道具は数多く、形もバラバラなことから整頓が難しい場所とされています。

特に頻繁に使うものは表に出しっぱなしになることも、見た目が散らかって見える原因でもあります。片付けるコツを知らないとどんどん乱れて行く物ですが、キッチンは食品を取り扱う所でもありますから、きちんと片付けて、清潔に、そして効率良く、気持ち良く使えるようにすると良いでしょう。

片付けが苦手な人でもできるキッチン整理のコツ

キッチンを片付けるコツですが、一度物をすべて出してみるのも一つの手です。こうすると片付けやすくなる物です。一度すべて出すと、いらない物が出てくることもあるでしょう。こういった物を処分しつつ、種類ごとに分けて行くのがあとできれいにするためのコツです。また、キッチンの片付けではデッドスペースを有効活用するのもコツです。シンクの下は、段や仕切りがあまりなく、物がごちゃごちゃで片付けられていなかったり、スペースを持て余して無駄にしがちです。

ですから、ここに専用のラックを設置し、物を入れて行くようにします。なお、使いやすくするコツは、扉に合わせてラックを用意することです。シンク下が扉を引き出すタイプなら上から入れて行けるラックが良いですし、観音開きの扉なら2段、3段になるようなラックが良いでしょう。このように、キッチンの片付けを行うには、キッチンのタイプを把握して、それと相性の良いアイテムを使うのがコツです。

また、キッチンの片付けでとても役に立つのが、100円ショップで売っている透明のケースです。ここに、物を種類ごとに分けて、どんどんしまっていくのです。ただし、その際にちょっとしたコツがあり、ラベルなどを作成して前面に貼るようにします。こうすれば、一目で何が入っているかわかりますので、片付け終わって、使っていく時にも困りません。

今回は、キッチンの片付け方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回紹介した方法をする時間がない、実行したけどキッチンが片付かない場合は、私達お片付けのプロにお問い合わせください。早く、安く、丁寧に女性スタッフがあなたのお部屋をお片付けします。

ーお問い合わせはコチラー

http://ok-komachi.com/contact/

新型コロナウイルス感染症に対する当社の対応について

漫画でわかるお片付け小町

業界最安値に挑戦

LINEで無料見積り

遺品整理もお任せください

解体工事

アクト片付けセンター

ポプラ法律事務所

お役立ち情報

営業エリア

その他エリアの方もお気軽にお問い合わせください。

大阪府
大阪市・堺市・箕面市・豊中市・池田市・能勢町・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・千早赤阪村

兵庫県
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町・明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町・姫路市・神河町・市川町・福崎町・相生市・たつの市・赤穂市・宍粟市・太子町・上郡町・佐用町・朝来市・淡路市・篠山市・丹波市・洲本市・南あわじ市

京都府
京都市・宇治市・大山崎町・亀岡市・京田辺市・久世郡久御山町・城陽市・笠置町・加茂町・木津町・精華町・山城町・和束町・ 井手町・宇治田原町・長岡京市・向日市・八幡市

奈良県
奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町

和歌山県
和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・紀の川市・岩出市・紀美野町・九度山町・高野町

滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市・野洲市・甲賀市・高島市

Copyright (C) Okataduke Komachi. All Rights Reserved.