汚部屋の片付け屋・掃除、ゴミ屋敷 清掃業者は大阪・神戸・京都のお片づけ小町

ゴミ屋敷脱出!ブログ

2015年09月

2015.09.26

ゴミ屋敷清掃業者の選び方|室内作業と処分も行ってくれる所

作業代とゴミ屋敷の処分品引き取り料は別な可能性も

ゴミ屋敷と一言でまとめても内容や種類、量によって対応できる業者は様々だと思います。

例えば全て処分したいなら産廃業者が良いと思います。この場合はコンテナと呼ばれる箱に混載で処分するため分別作業などの必要がありません。個人宅のようなゴミ屋敷でも見積もりをしてくれます。

多くの場合はコンテナ1台でいくら、という金額設定をしています。

ただし、産廃業者の場合は全てをゴミとして処分することを作業内容としているのでゴミ屋敷の規模によって高額になる場合もあります。ゴミの運び出しも依頼した場合は作業人数も多めになるので、より大きな金額がかかる場合があります。そうした意味では、最終的にゴミを処分する場合に依頼するのが良いと思います。  

ゴミの処分料は別なのか事前に確認が大切

ゴミ屋敷の中にあるものが全て処分しなければならないゴミではありません。

日々の生活の中で必要なものを除いても、お金に換わるものが必ずあるはずです。産廃業者にゴミ屋敷の片付け作業を依頼する前に、リサイクルショップを活用することをおすすめします。

一般の方が処分するしかないと考えるものでもプロが見れば買取り対象になる商品はたくさんあります。ゴミ屋敷の中身をゴミだけだと考えずに,買取り可能なものを事前にお金に換えることで処分金額を抑えることができます。大きな家具などはお部屋の中に占める面積も大きいので、一気に片付くこともあります。

都市部に住んでいる方は店舗に持っていく作業は難しいので、産廃業者に処分を依頼する前にリサイクルショップでの出張買取りを依頼することで重たいものも片付きます。基本的に作業料金を取られることはありません。 また、多くの場合リサイクルショップは産廃業者ともつながっているので、買取り作業が終わったら改めてゴミ屋敷の片付けを相談してみるのも良いと思います。