ゴミ屋敷脱出!ブログ

2018.06.28

地震・災害後の片付けの手順と今後の対策

先日起こった大阪北部地震では、生活用品が散乱し一部の住宅では家屋にも被害が出ました。地震は他の災害と違って予知することができない災害です。大地震が起こった後の片付けは想像以上に大変です。今回は自身や災害が発生した後の片付けの手順や対策について紹介していきます。

避難路を確保する

地震や災害が発生し部屋の中の荷物が散乱しているときは、最初に玄関までの避難路を確保しましょう。災害が発生してからしばらく経過すると、火事が起こることも珍しくありません。対策として、玄関につながる道は確保するように片付けるのがコツです。ガラスが散乱しているときは、怪我をしないようにスリッパや靴を履き、手袋や軍手などもはめてから片付けましょう。

避難路を確保することは、余震が発生したときの対策にもなります。大きな地震が起こって片付けをしているときに、さらに大きな地震に見舞われたというケースも過去にはあります。

地震や災害対策に使える片付け法

地震や災害が起こり、部屋が散乱して避難に遅れないためにも、日頃から片付けて備えておく必要があります。地震対策の要となるのは、飛散させないことと転倒させないこと、塞がせないことです。

対策として市販で販売されている耐震ラッチや転倒防止器具、飛散防止フィルムなどを使用するとよいでしょう。地震対策グッズを上手に活用して地震対策することで、後の片付けが楽になるだけでなく、家具や家電に押しつぶされるリスクを下げることにもつながります。

部屋の中をすっきりさせる

家の中を片付けてすっきりさせておくことも、地震や災害対策の一つです。家の中に荷物が溢れていると、家が揺れて災害が発生したときに荷物も散乱するので危険な状態になります。普段から部屋の中を片付けてすっきりさせておけば荷物が散乱することがないので対策にもなります。

特に確認しておきたいのが、タンスや食器棚、冷蔵後などの大型家具や家電の上に物を置いていないかどうか、本棚や押し入れ、食器棚が物で溢れていないかどうかです。家の中を整理して物や家具を減らし、断捨離することが重要になります。物を大切にすることは大事ですが、物が溢れる部屋は危険であると言う認識も必要です。

まとめ

いかがでしたか?日本は地震大国である以上、どこに住んでいても大地震の災害リスクから逃げることはできません。地震災害が起こっても災害被害を最小限に抑えられるよう、片付けて対策をしておくことが大事です。日頃から片付けておくこと習慣が、もしものときに自分の命を救うことになるかもしれません。

遺品整理もお任せください

解体工事

アクト片付けセンター

アーイ・ユー

ポプラ法律事務所

お役立ち情報

営業エリア

その他エリアの方もお気軽にお問い合わせください。

大阪府
大阪市・堺市・箕面市・豊中市・池田市・能勢町・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・千早赤阪村

兵庫県
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町・明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町・姫路市・神河町・市川町・福崎町・相生市・たつの市・赤穂市・宍粟市・太子町・上郡町・佐用町・朝来市・淡路市・篠山市・丹波市・洲本市・南あわじ市

京都府
京都市・宇治市・大山崎町・亀岡市・京田辺市・久世郡久御山町・城陽市・笠置町・加茂町・木津町・精華町・山城町・和束町・ 井手町・宇治田原町・長岡京市・向日市・八幡市

奈良県
奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町

和歌山県
和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・紀の川市・岩出市・紀美野町・九度山町・高野町

滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市・野洲市・甲賀市・高島市

Copyright (C) Okataduke Komachi. All Rights Reserved.