ゴミ屋敷脱出!ブログ

2017.11.30

ごみ屋敷になる人は心理的な病気が原因?

ごみ屋敷は、単にだらしない性格の人がごみを溜めてしまっただけ、と考える方も多いかもしれません。しかし、じつはそこには心の病気が大きく関係している可能性もあります。

ごみ屋敷は心の病気と関係がある?

ごみ屋敷は、精神的に不安定な状態が続くことで起こってしまう可能性もあります。たとえば、以下にあげるような心理的な病気や障害が起因しているかもしれません。

・うつ病

・人格障害

・精神分裂病

・神経症

・ADHD

・認知症

こうした心理的な疾患は、体に大きな異変がないために、自分がその症状を患っていることに気づかないケースもありえます。近年、うつ病の患者は増加の一途をたどっていますが、それでも20%程度の人はきちんとした診察を受けていないと言われています。つまり、自分では障害を持っていないと思っていても、その症状を患っており、それがごみ屋敷の原因となっている可能性もあるのです。

ADHD(多動性障害)は、一般的に子どもに見られる症状と言われますが、最近では大人のADHDという言葉も聞かれるようになりました。こうした症状も、ごみ屋敷を作ってしまう障害の一つと考えられています。

ごみ屋敷になってしまった場合の対策

何らかの心理的な病気が原因でごみ屋敷になっている場合には、まず自覚症状を持つことが大事でしょう。自分が物を片付けられない状況に置かれているということできちんと理解することで、今後の対策も考える余裕が生まれてくるはずです。

もし、うつ病や精神分裂病などの病気に苦しんでいる場合には、病院に行って診察を受けた方が良いでしょう。精神科に行って薬などを処方してもらうことで、症状の改善も見込めます。心にゆとりができれば、部屋を片付けることにも少しずつ前向きになれるかもしれません。

一人で抱え込まずに相談を

こうした症状を持っている可能性があり、ごみ屋敷に悩む人が覚えておきたいのは、一人で抱え込んではいけないということ。精神的につらいという状況で人に頼らず自分だけでなんとかしようとすると、なかなか前に進むことができません。病院に行くのはもちろんですが、症状が改善されたからといって、ごみ屋敷をすぐに解消するのは難しいもの。そういった時には、不用品回収業者へ依頼してみましょう。

家具や家電、いらなくなった古い小物類なども、不用品回収業者なら一挙に片付けてくれます。自分一人ではどうすることもできない状況に陥ると、気分も滅入ってしまうもの。そうすると心理的な病気もますます悪化してしまう可能性もあります。自身の症状を改善させつつ、身の回りは業者に依頼して家ごとキレイにしてもらうことで、心も環境もスッキリと整理できるようになるかもしれません。

2017.10.27

ごみ屋敷になってしまう人の心理と対策方法

家がゴミ屋敷になってしまうのは、その人の心理状態も大きく関係していると言われています。どういった方がゴミを溜めやすいのか、その心理と対策方法について紹介しましょう。

ゴミ屋敷を招きかねない心理状態3つ

ゴミをどんどん溜め込んでしまう心理状態として、以下3つがあげられます。

1. 疲労の蓄積

仕事や地域の人間関係など何らかのストレスがたまって、私生活が後回しになってしまうケースがあります。自分を犠牲にしてでも頼まれ事をしっかりこなそうと頑張ってしまう方ほど状態が悪化しやすく、積極的なサポートを必要とします。

2. 捨てることへの脅迫概念

戦後の物質難を経験した高齢者は「ないこと」の恐ろしさを経験している分、捨てることへの恐怖感を抱きがちです。しまいこんだことを忘れて新しいものを買ってきた場合でも処分することは難しく、どんどん物が溜まっていきます。

家族や社会から孤立した寂しさを紛らわせるためにゴミ屋敷となってしまった例では、ひとりぼっちになることに対する恐怖も一因です。物を処分すると同時に不安を軽減する対処をとり、心理的な問題の解決を図ります。

3. 判断力・決断力の低下

物を捨てる、という決断をするだけでもエネルギ—を必要とするもので、判断力が鈍った状態だとストレスに感じるケースがあります。捨てていいのか考えているうちに疲れてしまって、明日にまわす。これが蓄積された状態として物があふれた環境ができます。

根本の原因をふまえた対応が必要

背景にある原因によって検討したい対策が変わってくるため、一筋縄では進みません。ストレスが蓄積して物があふれた状態なら、カウンセリングを受ける、転職も視野に入れて働き方をコントロールするなどの対策が必要です。

人間関係のストレスにしても同様で、負担に感じている近所付き合いやトラブルから一定期間遠ざけることも検討しましょう。捨てることへの脅迫概念がある場合、経済的な支援や家族の定期的な面談などを考えます。物品整理によって生活面についての不安を軽減できるもいて、思い切った対策に踏み切ることが新しい人生をスタートするきっかけになりえることを理解しましょう。

第三者を交えて円満解決を目指す

ゴミ屋敷を作ってしまった老親を説得しようとしても、歩み寄りが難しいケースがあります。家族ほど近い間柄では老親も意固地になって、不安に感じている心理を表現できない問題が生じるためです。

ゴミ屋敷清掃業者など第三者を挟むことでお互いが歩み寄り、円満解決できることがあります。家族には話しができない心理的葛藤を理解しつつ整理を進めることで家の中がスッキリ片付き、安心して生活できる環境が理想です。心理面に関する悩み・葛藤をご家族に共有、汚部屋を繰り返さない対策に関するアドバイスもしてくれる業者を探してみるのはいかがでしょうか。

2017.09.29

専門家が教える1日でできるごみ屋敷の片付け方

誰が見ても使えないものから処分する

ごみ屋敷を片付けると決めたら、ものを減らすことからスタートします。誰が見てもごみと分かる古雑誌、賞味期限が切れた食品などから処分すると、足の踏み場が出てくるはずです。通路を作らないことには内部に入っていけないので、玄関からベランダまでの通り道を確保することを優先します。

使えないものをとっておけばまたごみを溜め込む生活に戻ってしまって、あまり意味をなしません。本人の意向を尊重しつつも、住環境を改善するという確固たる意思を持ってください。

収納法など一般的な片付け方のテクニックは、大方片付いてから考えましょう。数人がかりで一気に処分を進めるだけでも、ごみ屋敷の印象は変わるはずです。ごみ屋敷には、ほこり、カビなどアレルギーの原因になるものがたくさんあって、マスク・エプロンなどの装備をしないと、体調を崩してしまうこともあります。家族の日程が合う日に作業日を決めたら、各自の事前準備も必要でしょう。

民間の粗大ごみ回収業者を活用しよう

大型ごみを処分することも片付け方のポイントですが、全てを自治体が回収してくれるわけではありません。壊れた冷蔵庫、掃除機などのように自治体では処分が難しい家電がある場合、民間業者を活用します。使わずにしまっていた布団、衣類などにダニが発生している場合、一緒に処分するとスムーズです。

自治体のごみ回収日を待っているとどうしても処分が先延ばしになってしまって、スムーズな片付け方とは言えません。一定のコストにはなりますが、全てを一括で処分できる業者に依頼するとスムーズでしょう。業者によっては、まだ使えるリサイクル品の買取を依頼できるケースもあります。使えるものは換金してクリーニングやリフォームの費用にまわすのも、賢い選択と言えるでしょう。

本人の希望によっても片付け方が異なる

ごみ屋敷になってしまった理由は1人1人異なって、いろいろな要望があります。本人が片付けを手伝う場合、家族主導で行う場合などいろいろなパターンがあって、意向をふまえた片付け方を意識していく必要があるでしょう。

効率的な片付け方だけを重視する方法が良いわけではなく、ライフスタイルに合わせた納得がいく形を考えていきます。衛生面と安全管理に配慮しつつ必要なものを残す方法もあって、画一的なやり方では解決できないことを理解しましょう。

ごみ屋敷を専門に扱うプロの業者に相談した場合でも、状況に合わせた片付け方に調整していくことはできます。ごみ屋敷の補修、ごみ撤去後の処分品回収まで一貫したサポートが受けられますので、信頼できる業者への相談をおすすめします。

2017.08.27

家族でゴミ屋敷を脱出する方法

ゴミ屋敷になる心理状態を把握する

社会問題にもなっているゴミ屋敷は、だらしない性格のせいに誤解されることもありますが必ずしもそうではありません。真面目で立派な仕事をしている人、きちんとした家族でもゴミ屋敷に住んでいることも多々あります。

部屋が片付けられない人は、不安やストレスを抱えている人が多いといわれています。物に囲まれていることで安心感を抱いていたり、ストレスが大きすぎて部屋を整頓する心の余裕がないのです。雑然とした中ではリラックスも難しくさらにストレスが重なり、ますます部屋を片付けることができないという悪循環に陥っていると考えられます。家族で負の連鎖を断ち切って、ゴミ屋敷を脱出する方法はないのでしょうか。

家族1人1人の努力でゴミ屋敷を脱出する

まず、家の片付けが家族の中の誰か1人の負担になっていないか見直しましょう。ゴミ屋敷を解消するには家族全員で問題意識を共有し、誰か1人の責任にするようなことは厳禁です。

たとえば、これまで妻が片付けを主に行ってきて滞っているならば、ストレスとなっている要因は何なのか明らかにして、家族の協力で解決していきましょう。ゴミ屋敷がニュースになるほど増えているのは、それだけ現代社会がストレスに満ちている証拠でもあります。不安な精神状態がそのまま汚部屋、ゴミ屋敷に投影されてしまっているのです。

「片付けられない」ことに一番悩んでいるのは本人自身ともいわれます。ゴミ屋敷をどうにかしたいと悩んでいても自分だけでは解決できず、誰かに助けて欲しいと願っているのです。ゴミ屋敷になるまでに至った原因を突き止め、ストレス発散方法を家族全員で模索しましょう。

しかし、いくら家族で心の問題を解決できたとしても、相変わらず1人に負担がかかっているようではいつ逆戻りしないとも限りません。家の片付けは家族全員でするものと考えを改め、1人1人が体を動かすことは何よりも大事です。家の中のどこを誰が掃除するのか分担を決めるなどして、ゴミ屋敷からの脱出に取り組んでください。

プロに依頼することも時には必要

家族が団結してゴミ屋敷を解決しようと同じ目標を持つことができたとしても、それぞれが忙しく、なかなか具体的に動けないこともあるかもしれません。そんな時には、思い切ってプロに相談してみるというのもおすすめです。

廃棄物処理と運搬の許可、古美術商の許可を得ている会社ならば、ゴミの処理はもちろん不用品の買取も安心してまかせることができるでしょう。まずはプロにゴミ屋敷をリセットしてもらい、その後、家族できれいな状態をキープするよう努力していってはいかがでしょうか。

2017.07.28

整理整頓や物を捨てられない母を変える3つの方法

最近「帰省したら実家がゴミ屋敷になっていて驚いた」という人が増加しています。高齢化社会が深刻化するとともに「片付けられない高齢者」が増えているのです。たとえば、若い頃には清潔好きだった母親が年齢とともに「物を捨てられない母」になってしまったことに愕然とする人も少なくありません。

「溢れる物につまずいて転倒して骨折したことをきっかけに、寝たきりになってしまった」というも例もあるので、そのままにしておくことは大変危険です。「物を捨てられない母」を変える3つの方法を紹介します。

方法1:心の問題に寄り添う

高齢の「物を捨てられない母」は、さまざまな理由を抱えています。たとえば、寂しさを紛らわせるのに物に囲まれることで安心している人もいるのです。また、年齢とともに思い出の品、趣味の作品などが増え「どれも捨てられない」という状況に陥っている人も少なくありません。

片付けられない人の多くがストレスや寂しさを抱えているともいわれています。もし「物を捨てられない母」と離れて暮らしているならば、会いに行く機会を増やしてみるのも一つの方法でしょう。心の問題が解決されて、汚部屋からの脱出に成功した例もあります。

方法2:できるだけ片付けを手伝う

一方で、年を取るほど判断力や決断力も鈍るものです。いったい何から捨てるべきか決心がつかないために「捨てられない母」になっていることもあります。いざ重い腰をあげたとしても体力が続かず、最後まできれいに片付けることができなくなっている高齢者は結構います。心の問題に寄り添うだけではなく、実際に片付けを手伝うことも非常に重要です。

方法3:思い切ってプロにまかせる

「物を捨てられない母」が抱える心の問題に寄り添い、実家に戻るたびに片付けを手伝っても、しばらくすると元通りというケースも、残念ながら少なくありません。何度も同じことを繰り返すことは「物を捨てられない母」自身も周囲も苛立ちばかりがつのるものです。そうなっては解決方法を根本的に見直す必要があるともいえるでしょう。

どうしても、人間は年を取るほど変わることは難しいものです。ありのままの「物を捨てられない母」を認めて、掃除はプロにまかせるというように考え方を変えてみることをおすすめします。何よりも母親自身にストレスが少なく、なおかつ清潔な環境に暮らしていて欲しいと考えるならば、プロへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

遺品整理もお任せください

解体工事

アクト片付けセンター

アーイ・ユー

ポプラ法律事務所

お役立ち情報

営業エリア

その他エリアの方もお気軽にお問い合わせください。

大阪府
大阪市・堺市・箕面市・豊中市・池田市・能勢町・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・千早赤阪村

兵庫県
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町・明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町・姫路市・神河町・市川町・福崎町・相生市・たつの市・赤穂市・宍粟市・太子町・上郡町・佐用町・朝来市・淡路市・篠山市・丹波市・洲本市・南あわじ市

京都府
京都市・宇治市・大山崎町・亀岡市・京田辺市・久世郡久御山町・城陽市・笠置町・加茂町・木津町・精華町・山城町・和束町・ 井手町・宇治田原町・長岡京市・向日市・八幡市

奈良県
奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町

和歌山県
和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・紀の川市・岩出市・紀美野町・九度山町・高野町

滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市・野洲市・甲賀市・高島市

Copyright (C) Okataduke Komachi. All Rights Reserved.