ゴミ屋敷脱出!ブログ

片付け・掃除術

2017.10.27

ごみ屋敷になってしまう人の心理と対策方法

家がゴミ屋敷になってしまうのは、その人の心理状態も大きく関係していると言われています。どういった方がゴミを溜めやすいのか、その心理と対策方法について紹介しましょう。

ゴミ屋敷を招きかねない心理状態3つ

ゴミをどんどん溜め込んでしまう心理状態として、以下3つがあげられます。

1. 疲労の蓄積

仕事や地域の人間関係など何らかのストレスがたまって、私生活が後回しになってしまうケースがあります。自分を犠牲にしてでも頼まれ事をしっかりこなそうと頑張ってしまう方ほど状態が悪化しやすく、積極的なサポートを必要とします。

2. 捨てることへの脅迫概念

戦後の物質難を経験した高齢者は「ないこと」の恐ろしさを経験している分、捨てることへの恐怖感を抱きがちです。しまいこんだことを忘れて新しいものを買ってきた場合でも処分することは難しく、どんどん物が溜まっていきます。

家族や社会から孤立した寂しさを紛らわせるためにゴミ屋敷となってしまった例では、ひとりぼっちになることに対する恐怖も一因です。物を処分すると同時に不安を軽減する対処をとり、心理的な問題の解決を図ります。

3. 判断力・決断力の低下

物を捨てる、という決断をするだけでもエネルギ—を必要とするもので、判断力が鈍った状態だとストレスに感じるケースがあります。捨てていいのか考えているうちに疲れてしまって、明日にまわす。これが蓄積された状態として物があふれた環境ができます。

根本の原因をふまえた対応が必要

背景にある原因によって検討したい対策が変わってくるため、一筋縄では進みません。ストレスが蓄積して物があふれた状態なら、カウンセリングを受ける、転職も視野に入れて働き方をコントロールするなどの対策が必要です。

人間関係のストレスにしても同様で、負担に感じている近所付き合いやトラブルから一定期間遠ざけることも検討しましょう。捨てることへの脅迫概念がある場合、経済的な支援や家族の定期的な面談などを考えます。物品整理によって生活面についての不安を軽減できるもいて、思い切った対策に踏み切ることが新しい人生をスタートするきっかけになりえることを理解しましょう。

第三者を交えて円満解決を目指す

ゴミ屋敷を作ってしまった老親を説得しようとしても、歩み寄りが難しいケースがあります。家族ほど近い間柄では老親も意固地になって、不安に感じている心理を表現できない問題が生じるためです。

ゴミ屋敷清掃業者など第三者を挟むことでお互いが歩み寄り、円満解決できることがあります。家族には話しができない心理的葛藤を理解しつつ整理を進めることで家の中がスッキリ片付き、安心して生活できる環境が理想です。心理面に関する悩み・葛藤をご家族に共有、汚部屋を繰り返さない対策に関するアドバイスもしてくれる業者を探してみるのはいかがでしょうか。

2017.09.29

専門家が教える1日でできるごみ屋敷の片付け方

誰が見ても使えないものから処分する

ごみ屋敷を片付けると決めたら、ものを減らすことからスタートします。誰が見てもごみと分かる古雑誌、賞味期限が切れた食品などから処分すると、足の踏み場が出てくるはずです。通路を作らないことには内部に入っていけないので、玄関からベランダまでの通り道を確保することを優先します。

使えないものをとっておけばまたごみを溜め込む生活に戻ってしまって、あまり意味をなしません。本人の意向を尊重しつつも、住環境を改善するという確固たる意思を持ってください。

収納法など一般的な片付け方のテクニックは、大方片付いてから考えましょう。数人がかりで一気に処分を進めるだけでも、ごみ屋敷の印象は変わるはずです。ごみ屋敷には、ほこり、カビなどアレルギーの原因になるものがたくさんあって、マスク・エプロンなどの装備をしないと、体調を崩してしまうこともあります。家族の日程が合う日に作業日を決めたら、各自の事前準備も必要でしょう。

民間の粗大ごみ回収業者を活用しよう

大型ごみを処分することも片付け方のポイントですが、全てを自治体が回収してくれるわけではありません。壊れた冷蔵庫、掃除機などのように自治体では処分が難しい家電がある場合、民間業者を活用します。使わずにしまっていた布団、衣類などにダニが発生している場合、一緒に処分するとスムーズです。

自治体のごみ回収日を待っているとどうしても処分が先延ばしになってしまって、スムーズな片付け方とは言えません。一定のコストにはなりますが、全てを一括で処分できる業者に依頼するとスムーズでしょう。業者によっては、まだ使えるリサイクル品の買取を依頼できるケースもあります。使えるものは換金してクリーニングやリフォームの費用にまわすのも、賢い選択と言えるでしょう。

本人の希望によっても片付け方が異なる

ごみ屋敷になってしまった理由は1人1人異なって、いろいろな要望があります。本人が片付けを手伝う場合、家族主導で行う場合などいろいろなパターンがあって、意向をふまえた片付け方を意識していく必要があるでしょう。

効率的な片付け方だけを重視する方法が良いわけではなく、ライフスタイルに合わせた納得がいく形を考えていきます。衛生面と安全管理に配慮しつつ必要なものを残す方法もあって、画一的なやり方では解決できないことを理解しましょう。

ごみ屋敷を専門に扱うプロの業者に相談した場合でも、状況に合わせた片付け方に調整していくことはできます。ごみ屋敷の補修、ごみ撤去後の処分品回収まで一貫したサポートが受けられますので、信頼できる業者への相談をおすすめします。

2017.08.27

家族でゴミ屋敷を脱出する方法

ゴミ屋敷になる心理状態を把握する

社会問題にもなっているゴミ屋敷は、だらしない性格のせいに誤解されることもありますが必ずしもそうではありません。真面目で立派な仕事をしている人、きちんとした家族でもゴミ屋敷に住んでいることも多々あります。

部屋が片付けられない人は、不安やストレスを抱えている人が多いといわれています。物に囲まれていることで安心感を抱いていたり、ストレスが大きすぎて部屋を整頓する心の余裕がないのです。雑然とした中ではリラックスも難しくさらにストレスが重なり、ますます部屋を片付けることができないという悪循環に陥っていると考えられます。家族で負の連鎖を断ち切って、ゴミ屋敷を脱出する方法はないのでしょうか。

家族1人1人の努力でゴミ屋敷を脱出する

まず、家の片付けが家族の中の誰か1人の負担になっていないか見直しましょう。ゴミ屋敷を解消するには家族全員で問題意識を共有し、誰か1人の責任にするようなことは厳禁です。

たとえば、これまで妻が片付けを主に行ってきて滞っているならば、ストレスとなっている要因は何なのか明らかにして、家族の協力で解決していきましょう。ゴミ屋敷がニュースになるほど増えているのは、それだけ現代社会がストレスに満ちている証拠でもあります。不安な精神状態がそのまま汚部屋、ゴミ屋敷に投影されてしまっているのです。

「片付けられない」ことに一番悩んでいるのは本人自身ともいわれます。ゴミ屋敷をどうにかしたいと悩んでいても自分だけでは解決できず、誰かに助けて欲しいと願っているのです。ゴミ屋敷になるまでに至った原因を突き止め、ストレス発散方法を家族全員で模索しましょう。

しかし、いくら家族で心の問題を解決できたとしても、相変わらず1人に負担がかかっているようではいつ逆戻りしないとも限りません。家の片付けは家族全員でするものと考えを改め、1人1人が体を動かすことは何よりも大事です。家の中のどこを誰が掃除するのか分担を決めるなどして、ゴミ屋敷からの脱出に取り組んでください。

プロに依頼することも時には必要

家族が団結してゴミ屋敷を解決しようと同じ目標を持つことができたとしても、それぞれが忙しく、なかなか具体的に動けないこともあるかもしれません。そんな時には、思い切ってプロに相談してみるというのもおすすめです。

廃棄物処理と運搬の許可、古美術商の許可を得ている会社ならば、ゴミの処理はもちろん不用品の買取も安心してまかせることができるでしょう。まずはプロにゴミ屋敷をリセットしてもらい、その後、家族できれいな状態をキープするよう努力していってはいかがでしょうか。

2017.07.28

整理整頓や物を捨てられない母を変える3つの方法

最近「帰省したら実家がゴミ屋敷になっていて驚いた」という人が増加しています。高齢化社会が深刻化するとともに「片付けられない高齢者」が増えているのです。たとえば、若い頃には清潔好きだった母親が年齢とともに「物を捨てられない母」になってしまったことに愕然とする人も少なくありません。

「溢れる物につまずいて転倒して骨折したことをきっかけに、寝たきりになってしまった」というも例もあるので、そのままにしておくことは大変危険です。「物を捨てられない母」を変える3つの方法を紹介します。

方法1:心の問題に寄り添う

高齢の「物を捨てられない母」は、さまざまな理由を抱えています。たとえば、寂しさを紛らわせるのに物に囲まれることで安心している人もいるのです。また、年齢とともに思い出の品、趣味の作品などが増え「どれも捨てられない」という状況に陥っている人も少なくありません。

片付けられない人の多くがストレスや寂しさを抱えているともいわれています。もし「物を捨てられない母」と離れて暮らしているならば、会いに行く機会を増やしてみるのも一つの方法でしょう。心の問題が解決されて、汚部屋からの脱出に成功した例もあります。

方法2:できるだけ片付けを手伝う

一方で、年を取るほど判断力や決断力も鈍るものです。いったい何から捨てるべきか決心がつかないために「捨てられない母」になっていることもあります。いざ重い腰をあげたとしても体力が続かず、最後まできれいに片付けることができなくなっている高齢者は結構います。心の問題に寄り添うだけではなく、実際に片付けを手伝うことも非常に重要です。

方法3:思い切ってプロにまかせる

「物を捨てられない母」が抱える心の問題に寄り添い、実家に戻るたびに片付けを手伝っても、しばらくすると元通りというケースも、残念ながら少なくありません。何度も同じことを繰り返すことは「物を捨てられない母」自身も周囲も苛立ちばかりがつのるものです。そうなっては解決方法を根本的に見直す必要があるともいえるでしょう。

どうしても、人間は年を取るほど変わることは難しいものです。ありのままの「物を捨てられない母」を認めて、掃除はプロにまかせるというように考え方を変えてみることをおすすめします。何よりも母親自身にストレスが少なく、なおかつ清潔な環境に暮らしていて欲しいと考えるならば、プロへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

2017.05.30

ゴミ屋敷になる前に|片付けられない親を変える方法

ゴミ屋敷になってしまう親の特徴とは?

2017.02.25

引っ越し前にゴミ屋敷清掃|修理費やゴミ回収費はどのくらい?

ゴミ屋敷からの引っ越しでかかる知っておくべき費用

もしも、引っ越しする際に住居がゴミ屋敷のようになってしまっていたら、当然、現状復帰してから引っ越しすることになります。しかし、自力での片付けが困難なら、業者に費用を支払って頼まなければなりません。その出費は痛いことでしょう。仮に汚したり散らかしたり壊したりしたまま引っ越せば、後々トラブルにつながることは目に見えているため、片付けないわけにはいかないのです。

では、実際に業者へ片付けを依頼するとどの程度の費用になるのでしょうか。

修理費やゴミ回収費などは、具体的な仕事の規模によって金額に大きな差があるものです。小規模なら数万円程度で済むでしょうし、大規模なら数十万円、あるいはそれ以上になってしまうでしょう。ですから最善の方策としては、ゴミ屋敷にならないように日頃から気を付けておくことです。既にゴミ屋敷になってしまった場合は、業者に依頼する前に片付け仕事は少しでも自分で行っておきましょう。そうすれば、確実にその分の費用は少なくて済みます。

自分でできることとできないことを整理しよう!不可能なことだけプロへ依頼

引っ越し後に費用が請求されることはほとんどありませんが、それはあくまで通常の使用方法で居住していた場合です。たとえばテレビを置いていた部分の壁の黒ずみなどは、通常の生活で起こりうるものとして、清掃費や壁紙代を改めて請求されることはありません。これらを修繕するために、建物の所有者はあらかじめ敷金をもらっているのです。

しかし、ゴミ屋敷のように通常の使用方法では起こりえないような破損や汚損が起こった場合は、その修繕費や清掃費を請求されます。つまり引っ越し時には引っ越しにかかる費用に加え、修繕費などがかかります。明らかに不自然な請求であれば訴えて返金してもらえることも可能ですが、ゴミ屋敷の場合はあまり期待できないでしょう。何故なら、ゴミ屋敷の清掃や修理は高額となるためです。6畳間のワンルームでも、場合によっては数十万円の費用となります。少しでも節約するには、早めにゴミ屋敷内のゴミ捨てを行っておくことです。業者に依頼するとゴミを捨てるための人員や作業時間、使用する運搬車の使用料だけでも高くつきます。大型ゴミの運搬や清掃、修繕など専門家でなければ対応しきれない部分のみを業者に依頼することで、かなり費用は抑えることができます。また、依頼業者がプラン別で費用を分けている場合は、その内容を見ながら自分でできる事は片付けて置き、難しい部分だけ依頼することも、すべて依頼する費用よりかは格段に費用は抑えられるでしょう。

2017.01.15

家族でゴミ屋敷を脱出する方法

ゴミ屋敷になる心理状態を把握する

社会問題にもなっているゴミ屋敷は、だらしない性格のせいに誤解されることもありますが必ずしもそうではありません。真面目で立派な仕事をしている人、きちんとした家族でもゴミ屋敷に住んでいることも多々あります。

部屋が片付けられない人は、不安やストレスを抱えている人が多いといわれています。物に囲まれていることで安心感を抱いていたり、ストレスが大きすぎて部屋を整頓する心の余裕がないのです。雑然とした中ではリラックスも難しくさらにストレスが重なり、ますます部屋を片付けることができないという悪循環に陥っていると考えられます。家族で負の連鎖を断ち切って、ゴミ屋敷を脱出する方法はないのでしょうか。

家族1人1人の努力でゴミ屋敷を脱出する

まず、家の片付けが家族の中の誰か1人の負担になっていないか見直しましょう。ゴミ屋敷を解消するには家族全員で問題意識を共有し、誰か1人の責任にするようなことは厳禁です。

たとえば、これまで妻が片付けを主に行ってきて滞っているならば、ストレスとなっている要因は何なのか明らかにして、家族の協力で解決していきましょう。ゴミ屋敷がニュースになるほど増えているのは、それだけ現代社会がストレスに満ちている証拠でもあります。不安な精神状態がそのまま汚部屋、ゴミ屋敷に投影されてしまっているのです。

「片付けられない」ことに一番悩んでいるのは本人自身ともいわれます。ゴミ屋敷をどうにかしたいと悩んでいても自分だけでは解決できず、誰かに助けて欲しいと願っているのです。ゴミ屋敷になるまでに至った原因を突き止め、ストレス発散方法を家族全員で模索しましょう。

しかし、いくら家族で心の問題を解決できたとしても、相変わらず1人に負担がかかっているようではいつ逆戻りしないとも限りません。家の片付けは家族全員でするものと考えを改め、1人1人が体を動かすことは何よりも大事です。家の中のどこを誰が掃除するのか分担を決めるなどして、ゴミ屋敷からの脱出に取り組んでください。

プロに依頼することも時には必要

家族が団結してゴミ屋敷を解決しようと同じ目標を持つことができたとしても、それぞれが忙しく、なかなか具体的に動けないこともあるかもしれません。そんな時には、思い切ってプロに相談してみるというのもおすすめです。

廃棄物処理と運搬の許可、古美術商の許可を得ている会社ならば、ゴミの処理はもちろん不用品の買取も安心してまかせることができるでしょう。まずはプロにゴミ屋敷をリセットしてもらい、その後、家族できれいな状態をキープするよう努力していってはいかがでしょうか。

2016.11.15

もう自分では片づけられない・・・|ゴミ屋敷を低予算で片づけるには

 あ

2016.11.15

もう自分では片づけられない・・・|ゴミ屋敷を低予算で片づけるには

片づけアドバイザーに依頼してゴミ屋敷の再発防止にも

ゴミ屋敷は片づけられない人、汚れが気にならない人だけが住人となるものではありません。急な環境の変化や精神的な問題、仕事が忙しくなってしまったためなど様々な原因があり、誰しもがゴミ屋敷の住民となる可能性を持っているのです。ゴミ屋敷の始まりは、ゴミが少しずつ溜まり汚部屋となることです。汚部屋となると、片付けるのが億劫になり更にゴミが溜まり、ゴミ屋敷になってしまいます。

このような悪循環が生まれやすいのですが、ここまでくると大抵の人はもう自分では片づけられなくなってしまいます。ゴミ屋敷には、害虫・異臭、アレルギー、物が見つからないなど、様々な問題が起こります。この問題を根本的に解決するためには、もはや掃除をするだけでは不十分でしょう。効果的な解決方法は、整理収納アドバイザーに依頼することです。プロの整理収納アドバイザーに依頼することで、素早くストレスなく長期的に問題を解決することができます。

思い切って片づけのプロに依頼!整理収納アドバイザーとは

整理収納アドバイザーとは、整理収納の知識・技術を持ったプロフェッショナルのことです。アドバイザーに依頼することで、ストレスなく素早く部屋を片づけることができ、ゴミ屋敷特有の害虫・異臭などの問題もまとめて解決することができます。また、アドバイザーは収納のプロであるため、ただ捨てるだけではなく「いるもの」「いらないもの」の仕分けをしっかりと行ってもらえます。

ゴミ屋敷となってしまった部屋を片づけるためにアドバイザーに依頼する状態とは、天井までゴミで埋まっている状態の部屋・害虫やカビの繁殖が激しい場合などがあります。こうなるともう素人の手には負えません。自分で片づけようとしてゴミの雪崩に巻き込まれる可能性もあり危険です。明け渡しまでの期限が迫っているなど、急いで片づけが必要な場合もアドバイザーに依頼することで数時間で綺麗な部屋の状態にすることができます。このような場合こそ、的確で効率よく片づけられるプロの目線が必要です。部屋がゴミ屋敷となってしまい、自分の手ではなかなか片づけられないためにストレスが溜まるような状態になってしまった場合は、思い切ってプロに依頼してみてはいかがでしょうか。

2016.10.10

実家に段ボールが大量に・・・。段ボールがたまる原因とは?

段ボールの溜めこみはゴミ屋敷への第一歩となる

久しぶりに実家に帰ると何故か段ボールや資源ゴミが処分されず溜まっていたことはありませんか。あなたのご実家がゴミ屋敷に近づきつつある兆候かもしれません。段ボールや資源ゴミはリサイクルができるものです。

これらのリサイクルができるゴミは、普通ゴミや燃えるゴミに比べると収集頻度が多くありません。ただでさえ収集される頻度が少ないのに1度でも出し忘れると大変なことになってしまいます。

ゴミがある状態を通常と認識してしまうと、ゴミがあっても気にならず知らぬ間にどんどんゴミが増えてしまいます。また勿体ないを理由に使えるかもしれないからと段ボール等を保管されている場合もありますが、今現在使用していない段ボールはただのゴミで、紙ダニなどの害虫が発生する可能性もあります。

収納や動線として利用したいスペースをゴミが占領しています。ゴミ屋敷になってしまう前に、溜まっている段ボールは早めに処分して下さい。

溜まった段ボールは早めに処分しよう!保管はデメリットだらけ

では実家がゴミ屋敷にならないために、どのような方法で段ボールを溜めないようにすれば良いのでしょうか。まずは段ボールをゴミと認識する必要があります。

いつか使うかもしれないから保管しておく、そのいつかは訪れません。最悪の場合保管したことも忘れてしまい、ゴミ屋敷へと一歩近づいてしまいます。

もし本当に利用するのであれば、すぐに利用して下さい。後で何に使うか考えよう、と思われた方にとって、その段ボールはゴミで処分する確率が高い物だということを忘れないで下さい。

次の収集日まで日にちがある場合、とりあえず適当な場所に置くのではなく、きちんと決まった場所に置くようにしましょう。色々な場所に散らばったゴミを集めてくるのは大変手間で、集め忘れ処分されない物が出てきます。

そのようなことのないよう、段ボール置き場を決めて下さい。段ボールがちょっとしかないから次は出さなくてもいいやとは思わず、次の収集日には必ず処分して下さい。

実家にお住いの方が収集日を忘れないようにすることが難しい方は、収集日前日又は当日に電話やメールで実家に連絡をされてみてはいかがでしょうか。

ゴミ屋敷は火災のリスクも上がるため危険です。

2016.10.03

実家の片づけが進まない。ゴミ屋敷を生み出す買い物方法とは?

ゴミ屋敷を片づけるために必要な買い物のポイント

日本には、年末に大掃除という習慣がありますので、一年で最低でも一度は職場や自宅などを片づける機会があります。 

しかし、せっかく片づけたにも関わらず、油断をすると短期間で物が散乱し、ゴミ屋敷のようになってしまうことも少なくありません。 親の目がある実家暮らしの場合でも、実家の自分の部屋だけがゴミ屋敷のようになってしまうことも。 

部屋を片づけるときに陥ってしまいがちなのが、便利器具や収納器具の買い物をしてしまうことです。 

買い物をするということは、物が確実に増えるということですので、ごちゃごちゃした部屋にまた物を増やしてしまうことになります。 

このような場合は自力でどうにかするよりも、専門家に聞く方が良いでしょう。専門家の意見を忠実に再現すれば、片づけやすい空間を作ることができます。

専門家のアドバイスをもらおう!まずは置き場と安全確保を

実家をゴミ屋敷にしないために、まず行うべきことは買い物ではありません。今回は実家を想定して考えたいと思います。

専門家の話では、特に片づけをするときに買い物をしてしまいがちな物は、収納器具です。収納器具については、買い物をして物をしまったは良いものの、それから長い期間開かずの空間になっているということも少なくありません。収納器具は、必要のないものをしまう場所ではありません。現状ある収納器具に入りきらないものは捨てるべきです。必要のないものは捨て、余計な買い物をしないことがゴミ屋敷解消の一歩です。

専門家のアドバイスを聞くと、一度ゴミ屋敷のように散らかってしまった空間を片づける場合、まず気をつけなければならないことは、必要なものの置き場所と安全確保です。片づけの時にはよく物が落ちてきたり、散乱している物を踏みつけ、足をケガする可能性もあります。片づけの際にまず始めることは、物の移動や必要なもとそうでないものを判断できる空間作りから。

もちろん、専門家のアドバイスだけでは片づけられないほどのゴミ屋敷とかした場合は、業者も手配する必要があります。

ゴミ屋敷は、ひどくなるほどそれだけ費用がかさむため、定期的に片づけれなない方は特に、多額の費用が必要になる前に片づけるためのポイントを確認し、不要なものを捨てる習慣からつけていくことが大切です。

2016.07.22

ゴミ屋敷は自力での片付けは無理?プロにしかできない理由

 自力でのゴミ屋敷片付けが無理なのは精神的な理由

一軒家の敷地からはみ出すほどのゴミで溢れかえっているゴミ屋敷の報道を、ニュース番組やワイドショーで目にする機会があるでしょう。

しかし、もっと身近にゴミ屋敷は存在しているのです。

マンションやアパートなどで玄関の扉を開けない限り一見しただけでは分からず、異臭や害虫が発生して原因を調査してはじめて気付くケースも少なくはないのです。そこまで進行していると、もはや自力での処理は無理な場合が多いのです。ただゴミが重なっているだけではなく、生ごみやペットの排泄物を放置していたり、トイレや風呂場に汚物が詰まってしまうケースもあります。

自力での処理を諦めたまま放っておいて、どうにもできない状況になってから業者を依頼することが多いようです。通常の感覚を持つ人は生活することは無理だと思える環境で日々を過ごす人は、男性だけではなく、実は女性もかなりの割合を占めています。

犬猫の糞尿だけじゃない!やる気をそぐゴミ屋敷の汚物処理

ゴミ屋敷の住民はなぜか犬や猫などのペットを飼っている人が少なくありません。それも、複数匹飼育していて、食べかけのエサや毛、排泄物を何週間分も放置しているのです。

また、男性はコンビニ弁当の空き容器やペットボトル、ビールの空き缶などが積み重なっていることが多いです。

対して女性は調理をした際に出る生ゴミや、生理中に使用したナプキンやタンポンを放置するので、悪臭や害虫の原因となるゴミ屋敷の住民は女性であることも多いのです。

トイレと風呂場の汚れが極端になると自力での解決は無理でしょう。特にトイレは完全に詰まって流れない状況になってから長い期間放置され、さらに汚物を詰められているケースが多いので自力で水を流すことが不可能になります。風呂場の排水口を一切掃除しないために、水垢やシャンプーの物質が固まってしまい自力での処理は無理な状況も多いです。

また、ゴミ屋敷に染みついた臭いや発生してしまった害虫を処理するのは自力では無理です。害虫を周辺の住民の方に迷惑を掛けないように処理するのは、プロでなくては対応できません。

2016.07.15

亡くなった身内が残したゴミ屋敷の解体の方法が分からない時

 ゴミ屋敷の住人が亡くなった後の解体と遺品処理の方法

遺品整理や解体作業も同時に出来るゴミ屋敷掃除のプロに相談を!

ゴミ屋敷を片付けるためには、大量のごみを処分してから家を解体することが必要です。

もちろん遺品すべてが不要品というわけではありません。たとえば大切な写真などは引き取りたいと思うに違いありません。仮にゴミ屋敷の処分を自分で行うとすれば、かなりの時間とエネルギーを要します。

ゴミの分別はどの自治体でもかなり厳しく、簡単に処分することはできません。泊まり込みで処分する必要があります。そうした時間を取れないことで、後回しになり家があっという間にゴミ屋敷になってしまいます。

そのようなときは専門の業者に依頼するなら、ほとんど何の手間もなく片付けることができます。立ち合いをしなくても遺品の処分から家の解体までを行ってくれます。もちろん解体時や遺品処分の際に立ち合うこともできます。

プロにお願いするなら、短時間できれいになります。コースによっては消毒や除菌が含まれることもあります。ゴミもすべて処分してくれるので、ほとんど何もしなくてすみます。

2016.06.20

百均で収納グッズを買ってない?汚部屋の片付けでNGな行為

汚部屋掃除に便利なグッズを百均で揃えて綺麗にしよう

汚部屋で悩んでいる人はたくさんいますが、いつでも掃除してきれいな部屋にしたいものです。それで、百均で手軽にできると題してお掃除グッズや小物入れみたいな収納を買ったりしてしまいます。

それで汚部屋を掃除して収納もきれいにしてしまえば良いんですが、買っただけでその気になってしまい、結局やらないこともよくあります。それで忘れた頃に、また百均などで掃除グッズを買ってその気になったつもりになって結局汚部屋のままなんてことがあります。

理由もさまざまで、ひとり暮らしなら仕事から帰ってきてクタクタになってしまって、明日やろうとか休みの日にやろうとかだんだん遅くなってしまうなんてこともあります。結局のところ、かえって汚部屋のままでは何の意味もありません。そこで、片づけグッズなしで掃除できるように考えてみると良いでしょう。

片付けグッズは必要ない?汚部屋になる人だからこその片付け方法

百均とかで売っている、片づけグッズを使わないで汚部屋を掃除するのは意外と簡単です。方法はいくつかありますが、まずは一度にやらないことがポイントです。というのは、汚部屋というのはとにかく物が収納しきれないほどたくさんものがあるので、一度にやろうものならとんでもなく時間がかかって結局中途半端で終わってしまいます。それならば、狭い一つのスペースから掃除します。

例えば、今日はここ、明日はそこみたいに部分部分で分けます。収納でしたら、今日は上の段や明日は下の段などです。収納は意外と使わないものが入っていて、百均でよく買い物する人はその百均グッズが多く入っているものです。なので、そういったものを仕分けて要らないものは処分します。ここでポイントなのは、要るか要らないか長いこと迷わないということです。特に、後で使うかもしれないからというのは禁物でこれでは片付けが進みません。

どうしても迷うなら、一時箱みたいな箱を用意してとりあえずそこに入れ、あとで要るか要らないか仕分けします。この繰り返しをして、とにかく要らないものを処分すればすべて終わったころには汚部屋からきれいな部屋へと脱却していることでしょう。

2016.05.30

実家がゴミ屋敷で彼氏を紹介できない!母の荷物をためるクセ

掃除が出来ない親がゴミ屋敷にしないようにする為には

実家の親が荷物やゴミをため込んでしまって悩んでいる人は、意外と多いものです。酷い場合はゴミ屋敷のように家の中や庭が物で溢れかえってしまい、ご近所の方に苦情を言われてしまうこともあります。

自分の家ならまだしも、実家がゴミ屋敷だと自由に掃除できないし、してもまた親が荷物を増やしてしまって堂々巡りです。ゴミ屋敷になってしまえば友人や恋人を家に呼べないばかりか、カビやホコリが充満しているため健康面でも大きな影響があります。

親が掃除できないからと言って放置していても、状況が悪化することはあっても改善することは絶対にありません。今後快適な生活を過ごしたいなら、思い切って子どもが強硬手段に出ることも必要です。

ゴミ屋敷を掃除できない時|思い切って全部捨てる手もあり

単に片付けが苦手で掃除できないために実家がゴミ屋敷になっている場合は、対処も比較的簡単です。毎日少しずつでも物を捨てていけば良いのですが、あまりに膨大なゴミが溜まっている場合は個人の力では埒が明かないこともあります。

このような場合は、専門のゴミ収集業者を実家に呼んで、思い切って荷物を全部捨ててしまうのも選択肢の一つです。業者は思い入れももったいない気持ちもないため次々に荷物を運び出してくれ、掃除できない親でも勝手に実家が片付いていきます。

ゴミ屋敷になっている場合は大量のゴミが出るため、片付けと同時にゴミも処分してくれる業者に依頼するのが最も便利でスピーディーなのです。ただ、この方法は非常に費用がかかります。もし実家全体を片づけた場合、100万円近くかかることもあります。このようにゴミ屋敷にして無駄な出費をしないためにも、掃除できないと言って諦めるのではなく、普段から少しずつでも捨てる習慣を身に付けるよう親に言い聞かせておきましょう。

2016.05.12

ゴミ屋敷の片付け方法のパターン|自治体・民間処分場・業者で検討

ゴミ屋敷の廃棄処分を安くする方法が知りたい

なんらかの理由でゴミ屋敷に関わりを持ち、片付けなければならない事態が生じた場合は、安く片付ける方法を考えなければなりません。ゴミ屋敷は近隣の住民に多大な迷惑をかけ、放火等の犯罪を呼び込む危険なものです。

ゴミ処理の場合はゴミそのものの分別が重要です。分別することにより、処理にお金におかかるものと安く済むものを分けることができます。ブラウン管など行政でも通常の廃品回収業者でも引き取ってもらえないものだけは、お金を払って産業廃棄物の業者へ依頼する必要があります。

それ以外のものに関しては、ゴミの多さに関わらず、意外と安く片づけができる可能性があります。見た目がかさばるだけのゴミは、意外と処理がしやすいものです。

ゴミ屋敷の片付けを安く済ますコツ|清掃業者以外にも頼ってみる

ゴミ屋敷を安く片付ける手段としては行政サービスがあります。行政サービスの中でも粗大ゴミの回収は、かなりの大きなゴミや大量なゴミでも処置が可能です。

自治体によっては有料となりますが、さまざまなメニューを組み合わせることで、ゴミ屋敷の主要な部分を撤去できる可能性があります。また、行政で引き取ってもらえるようなものは自分で処分場に持ち込む方法もあります。

処分場では廃棄物を積んだ車の廃棄前の重量と廃棄後の重量の差により廃棄物の重さを測定し料金を決定します。小型のトラック等の手配ができれば、粗大ゴミの回収料金よりも安上がりです。

行政のサービスを利用できない部分に関しては、民間の業者を使う方法があります。ゴミ屋敷を安く片付けるためには民間業者を組み合わせて使う方法が欠かせません。廃品回収業者では、物品によってはタダで回収してくれるものもあり、真っ先に利用したいものです。

専門の廃品業者に依頼する前に、引越し業務を請け負う便利屋を探してみるのが、ゴミ屋敷を安く片付けるコツです。便利屋は多くの種類の品目を多量に引き取ってくれます。価格も廃品業者よりは安いのが一般的です。

2016.04.25

汚部屋掃除の費用総額は?状況によって異なる清掃費用について

汚部屋の掃除に費用を欠けないためのコツとは

片付けもせず、汚部屋になるのはいろいろな理由があります。買ってきたものや持ってきたものをそのまま放置していたり、忙しくて片づける時間がなかったりさまざまです。

その蓄積されたものが汚部屋となっていきますが、汚部屋のままだと壁などの汚れがだんだん取れにくくなります。台所や湿気のあるところだとカビが生えたり、床が真っ黒になって掃除しても固まって取れなくなることもあります。

それに賃貸で引越で引き払うと業者による掃除の費用がかかり、長いこと汚部屋のままだと掃除の費用も高くなってしまいます。賃貸は入居時に敷金を払っているので、たいていはその敷金で掃除の費用を相殺しますが、俗にいうゼロゼロ物件だと、その実質かかった費用を請求されます。

もちろん、汚部屋の状態により敷金で賄いきれない場合はその分を支払うことになります。ちなみに、一般的な費用は大体数万円くらいですが、ひどい場合はもっと高くつく場合もあります。

清掃後のゴミ処理以外にかかるその他の金額と理由

通常のゴミ処理は特別な粗大ごみでなければほとんどは自治体で行っている方法で済むため、ほとんど費用がかかりません。

しかし、長いこと掃除もせず汚部屋状態になっているとゴミ処理だけではなく、カビなどで汚れた壁や床などを掃除する費用や、ひどいのになると劣化が進んで掃除どころか修理する費用までかかることがあります。

それが長いこと経ってからなので、転居とかで引き払うときに請求書見て驚いてしまうこともあります。そうならないためにも、日ごろから汚部屋にならないように注意することが必要です。

飲み物をこぼしたらすぐに拭くとか、散らかったらすぐに掃除するとか、一度にやらずさっとやるだけでも全然違います。簡単にいうと、移動するついでにものをひとつ片づけるとか、汚れているところを軽く拭くとか、本当に簡単なものです。

最初はピンと来ないかもしれませんが、忘れたころに汚部屋になって掃除の費用も高くならないように、日ごろから気にすることも大切です。

2015.12.01

ゴミ屋敷の自力での清掃はいくらくらい?家電も処分する場合

いくらでゴミ屋敷が解消できるかは事前準備の工夫次第

居住している住宅が、いわゆるゴミ屋敷になってしまった方のケースでは、できるだけ早期に片付けることが良い方法です。

ゴミ屋敷になると近隣住民の方々にも迷惑をかける要因となってしまう場合も多く、室内に関しても腐食してしまったりと、衛生上の問題としても好ましくありません。

ゴミ屋敷を自力で清掃することを考えたならば、費用がいくらかかるのかで迷ってしまうこともあります。

実際にいくらかかるのかは、ゴミの量によっても大きく変わり、家電品などを多く持っている方は、家電リサイクル法に従って処分することになるために、予め決められた家電品の種類によってはリサイクル費用だけでも数万円かかることがあります。

また、全体的な費用がいくらかかるのかは、対象となる廃棄物の材質や量によって変わり、状態次第では1人暮らしならば20万から30万程度の費用がかかってしまうこともあり得ます。

家電の処分料や人手のことも考慮して

ゴミ屋敷を自力で解決するには、家電の処分にいくら必要かも把握しておきましょう。

また、その他のゴミも一度に多く出すなら、自ら処分場へ持ち込むことになります。

いくら程度を目安とするべきか、地域や持ち込んだ量などに左右されますが、大体ゴミ袋一つで数百円程度です。ただし、家電はリサイクル法に則って、数千円かかるものばかりですので注意しましょう。勿論、自家用車で往復するならその分のガソリン代といった間接的な費用も頭に入れておかなくてはなりません。

近年では家電のみをリサイクルショップに引き取ってもらう方法も人気ですので、利用してみてはいかがでしょうか。一台いくら、と値段がほとんどつかない場合でも、処分料金を支払うよりはお得になるはずです。家電に限らず、衣類や玩具も引き取ってもらうと処分場へ持ち込む量がぐっと減って節約することが可能です。

清掃や処分にいくらかかるかは、このような事前準備が大切ですので、頑張ってくださいね。

実際に作業する際は、室内を清掃する人、不要品といる物を分ける人、ゴミを処分場へ持ち込む人と最低3つの役割を決めましょう。

また「どこに捨てにいけばいいか考えるのが面倒、費用を計算する時間がない」という方は、私達にお任せください。面倒な作業を私達がまとめてさせて頂き、更にお部屋も綺麗にお掃除致します。

ーお問い合わせはコチラー

http://ok-komachi.com/contact/

2015.08.11

収納が面倒で大量の服が散らかるゴミ部屋に住む人

収納から見直す片付けで服が原因のゴミ部屋を解決

ゴミ部屋に住む人は、片付けが面倒になってしまい、服が収納されないで、室内に散らかるといったパターンになりがちです。

ゴミ部屋になってくると、服を収納するのさえ手間に思えてきますし、片付けをしなくても平気な気分にもなってきます。マイナスの意味で、服の収納が全くできない、片付けのできないゴミ部屋での生活が、日常的なものとなってしまうのです。そうなると、ゴミ部屋が特別なものとも思わず、日常的な 生活にもなってきます。

時折、片付けをしようと思いはするものの、どこから整理したら良いのか分からずに、また散らかすという負のスパイダルにハマるパターンです。服が散らかるからといって、収納を増やしても、なかなか整理整頓はできないままです。

片付け時に吊るして収納すれば自ずと不必要なものが分かる

服の収納ができないことで、片付けができなくなり、ゴミ部屋と化しているケースでは、服の収納といった片付け方法から見直していきます。 ゴミ部屋からの脱出のために、クローゼットに収納されている洋服は、必要かどうかチェックします。ゴミ部屋は、足元にも片付けきれない洋服が散らかっているケースが多いです。そのため、ゴミ部屋改善には、まずはクローゼットの衣類を整理してスペースを作りましょう。

すでに1年位着用していない衣類であったり、サイズが合わない、素材が気にいらないなど、不要と判断した衣類は、思い切って処分をします。リサイクルショップに売れば、多少のお小遣いにもなります。誰かにあげてもいいでしょう。服を少なくしたら、今度は衣類をたたむ手間を省く工夫をします。

片付けをするのには、たたむよりも、吊るしてクローゼットに収納すれば、手間が省けます。衣類は何を持っているかもわかりやすいです。スッキリしますから、いらない物があれば、それもわかりやすくなります。

今回は、服の片付け方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回紹介した方法をする時間がない、実行したけど汚部屋になってしまう場合は、私達お片付けのプロにお問い合わせください。早く、安く、丁寧に女性スタッフがあなたのお部屋をお片付けします。

ーお問い合わせはコチラー

ok-komachi.com/contact/

2015.07.28

片付けの面倒なDM・手紙は玄関に散乱してゴミ部屋に

玄関に置けるアイテムでゴミ部屋を予防する片付け

玄関は仕事から帰ってきて一番に目にするだけに、綺麗に片付けられていると気持ちの良いものです。それでも、一人暮らしで仕事が忙しい場合などには、DMを投函されてしまったり、郵便物など、かさばるものも玄関に溜まりがちです。DMや手紙などが散乱すると、玄関だけでなくゴミ部屋になってしまい、ますます片付けが面倒になることもあります。

不要なDMや手紙だけであればまとめて捨ててしまえば良いのですが、郵便物やカタログ、個人情報が書かれているもの、紙とビニールが混ざっているものなどは、片付けが面倒でゴミ部屋になりやすい傾向があります。特に、一人暮らしの玄関は狭いことが多いので、ゴミ部屋にしない為にも、便利なアイテムを用意しておくと役立ちます。

最近では、個人情報を消すスタンプなどのアイテムや、狭いスペースにも置けるアイテムがあるので、これらを利用すると便利です。

玄関にあると片付けしやすい!個人情報処理アイテムとゴミ箱

玄関を綺麗に片付けて快適な空間にするためのアイテムは豊富に市販されています。中でも、個人情報をその場で塗りつぶせるスタンプや玄関にも置ける小型のシュレッダーなどは、玄関に置くスペースがあれば、その場で処理できてとても便利です。

また、玄関をゴミ部屋にしない為のアイテムとして、スリムで場所を取らないゴミ箱なども売られています。そして、DMや手紙に入っているカタログなどで、不要なものを片付けるのに便利なのが、新聞なども片付けられるスタッキングタイプのゴミ箱です。

これですと、部屋にDMや手紙などが散乱してゴミ部屋になりにくくなりますし、紐でまとめてゴミの日に出す際にも便利です。

多少は場所を取るアイテムですが、玄関やその近くに置けるスペースがある場合には大変おすすめのアイテムです。また、キャスター付きのものですと、片付けの際にも動かしやすくて便利です。1人暮らしをしていると、仕事や通勤にどうしても時間を取られ、ゴミ部屋になることもあるでしょうが、こうした便利なアイテムを上手く利用してゴミ部屋を綺麗にすると、生活もより快適になります。

今回は、玄関の片付け方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回紹介した方法をする時間がない、実行したけど汚部屋になってしまう場合は、私達お片付けのプロにお問い合わせください。早く、安く、丁寧に女性スタッフがあなたのお部屋をお片付けします。

ーお問い合わせはコチラー

ok-komachi.com/contact/

2015.05.07

人の目につきにくい寝室!気持ちよくくつろげる片付け術

 片付けられない寝室は最適な方法探しが鍵

寝室は、体を休める大事な場所。人の目にはつきにくい部屋ですが、気持ちよくくつろげるように整理整頓しておくことで、しっかりとリラックスできる場所となります。そんな、良い寝室に仕上げる方法をご紹介しましょう。それには、きちんと片付けることが一番の方法です。寝室だからと言って、脱いだ物は脱ぎっ放し、寝る前に使った物は使いっ放しでは、必要な物も見つけられない可能性があります。

きちんと片付けをしておけば、例えば、寝る前にハンドクリームなどを塗る方は、すぐにハンドクリームが見つかるし、目薬をさす方はすぐに目薬をさせます。寝室が片付けられて、物がちゃんと整理整頓されている、ということは「物を探す」という余計な時間を取られずに済みますから、ストレスがあまり溜まらずに、気持ちよく睡眠に入れるのです。

寝室の片付けは見た目綺麗でシンプルにするのがコツ

寝室を片付ける方法は、まずは、寝る前に使う物などは、枕元に小物入れスペースなどを作り、そこにまとめることです。あれもこれも入れるのではなく、必要最低限にするとスッキリとまとまります。

また、家着やパジャマなどの片付け方法としては、100均のカゴなどで良いので用意し、そこにまとめて入れておくとスッキリするでしょう。フタ付きのカゴだと、ポイッと入れた状態でもフタを閉めてしまえば汚く見えないので良いですよ。

ベッド下の収納ボックスも活用しよう

その他、寝室があまり広くないなどの理由で、枕元やベッドの側に小物スペースを作る余裕がない、という方は、ベッドの下に入るような収納ボックスを用意するのも一つの方法です。ベッド下は意外なデッドスペースで、ぴったりの収納ボックスを用意すれば、その収納力は抜群です。

ベッド用のシーツやカバーなどの他に、普段着ない服を片付けるなど「タンス代わりに使う」のも良い片付け方法となるでしょう。寝室を気持ちよい場所にする、あなたに合った方法を試してみましょう。

2015.05.06

物が集まるリビングを上手な収納術でスッキリ片付けよう!

 片付けの基本はリビングの収納スペースから

リビングは部屋で生活する大半を過ごす場所です。特に家族が集まる場所だからこそ、ちょっと気を抜くと物であふれ返り、ごちゃごちゃした印象になってしまいがちです。一人暮らしの方だと、リビングがよりくつろぎやすい場所にするためにドライヤーやメイク道具、仕事の道具などが集まってしまい、散らかっている印象が付きやすくなってしまいます。

特に汚部屋の人の場合は、食べたお菓子やインスタント食品も集まりやすい、もっとも散らかるスペースなのです。また、家族の場合は、人数分の必要なものがリビングに集結します。しかも全員がリビングを片付けているわけでもないので、ごちゃごちゃするスペースになってしまうのです。このようなスペースをスッキリと片付けるためにはちょっとしたコツがありますので、ご紹介いたします。

片付けられない癖を改善するリビングの収納アイテム

まずは家具の配置によって見え方が変わってくるので、リビングスペース全体を考えてあまりでこぼこのない家具の配置になるように工夫します。

そして片付けやすい収納にするために、リビングにある物をカテゴリーごとに分け、それぞれに収納の指定席を作ることで、物が散らばらずに片付けやすい空間になるようにします。カテゴリーの分け方については、リビングの広さや家族構成によっても変わってくるので、リビングを利用する家族みんなが使いやすく片付けやすいように収納のためのカテゴリーを決めます。

自分のための専用収納スペースを作る

たとえば収納カテゴリーを人別にした場合、かごや箱などを収納用に活用して、家族一人ひとりの専用の収納場所を決めます。リビングの中にあるそれぞれの私物はこの収納用のかごなどの中にそれぞれが片付けるようにします。仕事や学校から帰ってきたら何気なくテーブルの上においてしまった物を、自分のための専用スペースに片付けるようにする癖をつけます。それでも出しっぱなしになってしまう物は、掃除をするときに、それぞれの専用スペースに入れればよいので、片付けが楽にできるようになります。

それまで個人の私物は各自の部屋まで持っていかなくてはならなかった物も、指定席ができたことで整理しやすく、それぞれが管理しやすくなるのが大きなメリットです。そのスペースをどの程度の大きさにするかは、各家庭や住んでいる人数によって変わってくるので住んでいるみんなが使いやすくなるように工夫する必要があります。

今回は、リビングの片付け方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回紹介した方法をする時間がない、実行したけど、リビングが片付かない場合は、私達お片付けのプロにお問い合わせください。早く、安く、丁寧に女性スタッフがあなたのお部屋をお片付けします。

ーお問い合わせはコチラー

ok-komachi.com/contact/

2015.05.03

玄関の片付けは物を減らすことから!上手な収納できれいな空間を

 片付けられない人が玄関を綺麗にするコツ

玄関が雑然としているのは、多くの場合置いてある物が多すぎるからです。確かに玄関は広い場所でないことがほとんどでしょう。特に女性に見られるのですが、夏でもロングブーツが玄関に置きっぱなしに…、雨が降っていないのに、数本の傘が出しっぱなしに…確かに、一人暮らし用の部屋だと収納スペースがマンションやアパートごとに異なり、決して多くのものを収納できるわけではありません。

これを整理整頓し、上手な収納をすれば、見た目にきれいな空間ができるばかりでなく、自分の気持ちもすがすがしくなり、一石数鳥になるのです。片付けのコツは、まず整理です。必要な物、そうでない物を判別しなければなりません。詳しい方法をご紹介いたします。

玄関の片付けのコツは機能美を意識すること

その判断をするときのコツは、2年間使わない物は要らない物の範疇に入れることです。おそらく玄関先では、靴が多いはずですが、また履くときがあるかも知れないと思っても、2年間使うことがなかったら、思い切って捨てるのが片付けのコツなのです。玄関では傘もしかりでしょう。お客様の持ち帰り用にとっておくなどと考えないで、必要最小限にしたら片付けはうまくいきます。そして、もっと整理したいのが、飾り物です。こちらも捨てられないまま、どんどん増えるのですが、玄関先はすっきりが一番ですから、一つか二つにするのが片付けのコツになります。あれもこれもは厳禁です。

また、玄関ポーチに置き物があるのも見かけますが、これらも一つか二つで十分です。そのほか玄関は、子供の遊び道具とか、ちょっとした物の置き場になることが多いのですが、まずは使わない物を片付け、捨てることです。その上で、今度は整頓です。整頓は整理と違い、残った要る物を使いやすいように収納することなのです。機能美という言葉がありますが、使いやすいようになっている形は、見た目にも美しく、片付いている印象もあり、これが玄関先でのきれいな空間を作る最大のコツと言えるでしょう。

こうして一旦片付けてみて、美しくなったかをチェックしてみます。いまいちだなと感じたら、もう一度整理し直すことがコツになります。そして片付け直せば、きれいな空間の出来上がりです。最後に最大のコツは、一つ新しい物を増やすときには、必ず古い物を一つ捨てることということなのです。

2015.04.29

狭くて片付けにくい洗面所を簡単収納でスッキリ!

収納を考慮した片付け術で洗面所もすっきり

洗面所の収納スペースは多くの場合、そう広くはありません。シンク下の開きは中央部に排水のためのホースが通っているため、このあたりに触れないようにしながら、工夫して収納のための場所としています。入浴や洗面、洗濯のための石けんやシャンプー、洗剤等は多くの場合、様々な種類となります。買い置きを揃えておくため、そういった物をしまうためには洗面所の収納スペースを片付け、快適に過ごせるようにすることが必要です。

普段から整理整頓が好きな人にとっては、どうして散らかるのか理解できないでしょう。ですが、片付けができない人にとっては、あまり外部の人の目につく場所でないため散らかっているケースが多いのです。さて、洗面所収納のポイントをご紹介いたします。

洗面所の片付けが苦手な人は収納法に注目してみよう

まず片付け感が出せるように、分類別を行うことから始めます。入浴のための物、洗濯のための物、さらには掃除のための洗剤、そして歯ブラシや歯磨き等といった種類分けを行います。

そしてそれらを同じ容器か袋のような物に入れ、洗面所下に収納すると、それだけで片付けられたようになります。もう少し使いやすく、見てもよいように美しく収納するためには、100円ショップなどであまりお金をかけずに収納ケースをいくつか購入し、分類によって同じケースに収まるように工夫をすることが有意義な片付けとなります。

それらを出しやすい方向や向きを考えて、洗面所のあいたスペースに収めることが重要です。あらかじめ寸法をはかり、片付けのイメージを頭の中で描いてから、ケース等を購入することが大切です。ケース等が大きすぎて洗面所の開きが開きにくくなったり、片付けたはずでも使いにくくしまわれたりといったことは避けるように気をつけることが大切なポイントとなります。モノが出しやすく、快適に過ごせることが大切です。

2015.04.25

ごちゃごちゃしがちなキッチンをスッキリさせる片付け術!

キッチンをすっきり片付ける手軽なコツ

キッチンと言うのは、家の中でごちゃごちゃとしがちなスペースです。引き出しを開けると種類がバラバラでごちゃごちゃと物が入っていたり、お皿もまとまりがなかったり、よく見るときれいに片付けられていない状態なことがよくあります。確かにキッチンは、収納スペースがあまり無いのに、使用する道具は数多く、形もバラバラなことから整頓が難しい場所とされています。

特に頻繁に使うものは表に出しっぱなしになることも、見た目が散らかって見える原因でもあります。片付けるコツを知らないとどんどん乱れて行く物ですが、キッチンは食品を取り扱う所でもありますから、きちんと片付けて、清潔に、そして効率良く、気持ち良く使えるようにすると良いでしょう。

片付けが苦手な人でもできるキッチン整理のコツ

キッチンを片付けるコツですが、一度物をすべて出してみるのも一つの手です。こうすると片付けやすくなる物です。一度すべて出すと、いらない物が出てくることもあるでしょう。こういった物を処分しつつ、種類ごとに分けて行くのがあとできれいにするためのコツです。また、キッチンの片付けではデッドスペースを有効活用するのもコツです。シンクの下は、段や仕切りがあまりなく、物がごちゃごちゃで片付けられていなかったり、スペースを持て余して無駄にしがちです。

ですから、ここに専用のラックを設置し、物を入れて行くようにします。なお、使いやすくするコツは、扉に合わせてラックを用意することです。シンク下が扉を引き出すタイプなら上から入れて行けるラックが良いですし、観音開きの扉なら2段、3段になるようなラックが良いでしょう。このように、キッチンの片付けを行うには、キッチンのタイプを把握して、それと相性の良いアイテムを使うのがコツです。

また、キッチンの片付けでとても役に立つのが、100円ショップで売っている透明のケースです。ここに、物を種類ごとに分けて、どんどんしまっていくのです。ただし、その際にちょっとしたコツがあり、ラベルなどを作成して前面に貼るようにします。こうすれば、一目で何が入っているかわかりますので、片付け終わって、使っていく時にも困りません。

今回は、キッチンの片付け方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?今回紹介した方法をする時間がない、実行したけどキッチンが片付かない場合は、私達お片付けのプロにお問い合わせください。早く、安く、丁寧に女性スタッフがあなたのお部屋をお片付けします。

ーお問い合わせはコチラー

http://ok-komachi.com/contact/

遺品整理もお任せください

解体工事

アクト片付けセンター

アーイ・ユー

ポプラ法律事務所

お役立ち情報

営業エリア

その他エリアの方もお気軽にお問い合わせください。

大阪府
大阪市・堺市・箕面市・豊中市・池田市・能勢町・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・千早赤阪村

兵庫県
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町・明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町・姫路市・神河町・市川町・福崎町・相生市・たつの市・赤穂市・宍粟市・太子町・上郡町・佐用町・朝来市・淡路市・篠山市・丹波市・洲本市・南あわじ市

京都府
京都市・宇治市・大山崎町・亀岡市・京田辺市・久世郡久御山町・城陽市・笠置町・加茂町・木津町・精華町・山城町・和束町・ 井手町・宇治田原町・長岡京市・向日市・八幡市

奈良県
奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町

和歌山県
和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・紀の川市・岩出市・紀美野町・九度山町・高野町

滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市・野洲市・甲賀市・高島市

Copyright (C) Okataduke Komachi. All Rights Reserved.