ゴミ屋敷脱出!ブログ

ゴミ屋敷清掃業者の選び方

2016.10.24

異臭問題は消臭剤だけじゃ解決できない|実家のゴミ屋敷問題

ゴミ屋敷の異臭を根本から絶つには害虫問題にも注目

しばらくぶりに足を運んだ実家から異臭がする、ということは珍しくありません。両親が若いころはきちんと掃除をして整えていた環境も、年齢を重ねると掃除などがしづらくなり、手が行き届かなくなりがちなのです。

また、生活への不安からものを溜めてしまうということもありがちで、ゴミ屋敷となってしまうケースもあります。ゴミがたまっていると害虫なども発生しやすくなります。害虫を放っておくと病気を媒介するなどの影響も出てくるので対策が必要です。

ゴミ屋敷化が始まっている実家や、異臭がするときにはその原因をしっかり把握して対応する必要があります。消臭剤など小手先の対策では解決できませんから、ゴミの片づけなどをコツコツ行っていきましょう。

原因を徹底的に解消しよう!害虫対策だけは再発の危険あり

ゴミ屋敷化してしまった実家の片づけはかなりの苦労を伴いますので、まずは実家にある不要なものを捨てることから対策を始めましょう。明らかなごみから捨てていくとご両親の抵抗感も少なくておすすめです。

異臭がするものなど、ご両親にとっても不要だとわかるものから処分をしていきましょう。あなたにとっては不要に見えるものであっても、年配の方は使えそうなものはとっておきたいという気持ちが強いこともあります。

納得いかないうちに強行して捨ててしまうと精神不安定な状況に陥ることも考えられますので、ゴミ屋敷を早く何とかしたいのはやまやまですが、納得がいくまで向き合ってあげるのがポイントです。

ゴミ屋敷を片付けていく過程で害虫が出てくることもあります。原因となるゴミを片付けるのが第一の対策です。異臭がするような場所は害虫も発生しやすいので注意しましょう。立ち会える時間がある場合は、専門業者に害虫駆除を一度依頼すると手軽で確実です。

しかし、一度害虫対策をしたからと言って安心はできません。再び異臭のするものなどがあると虫が酔ってくることもあります。まめに実家の様子を見に行ったり、業者による害虫駆除を行ってください。

2016.10.03

実家の片づけが進まない。ゴミ屋敷を生み出す買い物方法とは?

ゴミ屋敷を片づけるために必要な買い物のポイント

日本には、年末に大掃除という習慣がありますので、一年で最低でも一度は職場や自宅などを片づける機会があります。 

しかし、せっかく片づけたにも関わらず、油断をすると短期間で物が散乱し、ゴミ屋敷のようになってしまうことも少なくありません。 親の目がある実家暮らしの場合でも、実家の自分の部屋だけがゴミ屋敷のようになってしまうことも。 

部屋を片づけるときに陥ってしまいがちなのが、便利器具や収納器具の買い物をしてしまうことです。 

買い物をするということは、物が確実に増えるということですので、ごちゃごちゃした部屋にまた物を増やしてしまうことになります。 

このような場合は自力でどうにかするよりも、専門家に聞く方が良いでしょう。専門家の意見を忠実に再現すれば、片づけやすい空間を作ることができます。

専門家のアドバイスをもらおう!まずは置き場と安全確保を

実家をゴミ屋敷にしないために、まず行うべきことは買い物ではありません。今回は実家を想定して考えたいと思います。

専門家の話では、特に片づけをするときに買い物をしてしまいがちな物は、収納器具です。収納器具については、買い物をして物をしまったは良いものの、それから長い期間開かずの空間になっているということも少なくありません。収納器具は、必要のないものをしまう場所ではありません。現状ある収納器具に入りきらないものは捨てるべきです。必要のないものは捨て、余計な買い物をしないことがゴミ屋敷解消の一歩です。

専門家のアドバイスを聞くと、一度ゴミ屋敷のように散らかってしまった空間を片づける場合、まず気をつけなければならないことは、必要なものの置き場所と安全確保です。片づけの時にはよく物が落ちてきたり、散乱している物を踏みつけ、足をケガする可能性もあります。片づけの際にまず始めることは、物の移動や必要なもとそうでないものを判断できる空間作りから。

もちろん、専門家のアドバイスだけでは片づけられないほどのゴミ屋敷とかした場合は、業者も手配する必要があります。

ゴミ屋敷は、ひどくなるほどそれだけ費用がかさむため、定期的に片づけれなない方は特に、多額の費用が必要になる前に片づけるためのポイントを確認し、不要なものを捨てる習慣からつけていくことが大切です。

2016.09.29

ゴミ屋敷掃除が素人にはできない理由|プロも躊躇する大量の害虫

 虫の駆除や死骸処理が素人にはキツいゴミ屋敷の掃除

ゴミ屋敷のごみの内容が、すべて衛生的に問題がないものということは、ほとんどありません。もし生ゴミなどがなかったとしても、ゴミが山と積まれているのは、ゴキブリやダニなどの害虫の恰好の住処です。ある程度の温かさも確保できますので、繁殖するのにも適しています。

そこに食べ物のカスや生ゴミがあれば、さらに「最適な繁殖環境」になってしまいます。ゴミ屋敷の清掃には、このような虫との闘いもあります。片付けを行うことで、生活環境を脅かされた虫たちは、逃げまどって、積極的に活動し始めます。

出てくるだけでも不快ですが、それが大量に発生していることがほとんどなのですから、片付けどころではありません。駆除しながら清掃するにも限度がありますし駆除した後で清掃を行うのも、その死骸の処理が待っています。

数百匹を超える虫が天井から落ちてくることも!衛生的にもプロに任せよう

ゴミ屋敷の清掃には、そのような虫の問題もあり、衛生的に片付けを進めることは、まず無理です。それだけの防護をしてから清掃に取り掛からなければなりません。

不慣れな人がゴミ屋敷の清掃をしてよく失敗するのが、虫の駆除をしてから清掃しようとする、その順番です。もし駆除から始めてしまうと、清掃中に天井から駆除剤で弱った多くの虫が降ってくるということになりかねません。

元気なまま逃がしておいて、後から駆除を行うのが効率的です。逃げた虫は天井や家具の隅などに隠れます。片付けを行ってから駆除をしても、遅くはありません。業者であれば、それにあった薬剤も扱えますし、清潔にするまでを依頼できる業者を選べばよいでしょう。

自分ですると、防護も不十分です。不衛生な環境下で、思わぬ健康被害を招いてしまうことにもなります。プロに任せることが最も大切です。また、あとから別の費用を請求されて不愉快な思いをせぬよう、実績があって、口コミなどの評判も良い業者を選ぶことも大切です。

2016.09.12

無料の不用品回収業者を依頼した方が安い?解体依頼前に気を付けたい落とし穴

ゴミ屋敷解消のために回収業者を利用するなら慎重に

家族や親族などの住まいが、所謂ゴミ屋敷になっているという人は少なくありません。ゴミ屋敷にあふれた不用品は、家で暮らす上で大きな支障になりますし、外観も決して見た目の良いものではありません。

また、不用品が大量にあると、火災などの危険も伴いますし、ゴミの出す臭いや虫の発生など、その家自体だけでなく、近隣の住民にも大きな迷惑となってしまいます。

こうしたゴミ屋敷を解体する際には、不用品をきちんと処分する必要がありますが、解体業者にまとめてお願いすると処分費が高くかかってしまうこともあります。

地域で営業している無料の不用品回収業者を利用するのも良いですが、注意が必要です。品物によっては回収してもらえなかったり、手数料を別途請求されてしまうなど、トラブルが起こる可能性もあります。

手数料は別請求の回収業者も!追加料金なしのゴミ屋敷専門業者が安心

処置に困ったゴミ屋敷を片付ける、あるいは解体するためにはまず家の中を占拠している大量の不用品を処分しなければなりません。

しかし、色々なゴミが混ざった不用品を自力で処分するのは非常に大きな労力が必要になります。行政の回収サービスを利用するにも、品目が多くなると回収にかかる費用も高くついてしまいます。ゴミ屋敷を解体する際に、解体業者に処分をお願いすることも出来ますが、どうしても費用が高くなってしまいます。

そこで、こうしたゴミ屋敷の片付けに特化した専門業者を利用するのがおすすめです。最近はこういった専門業者も増えてきていますが、業者の中には作業後に追加料金を請求してきたり、見積もりと違う金額を提示してくるということもあります。信頼のおける優良な業者を探すことが大切です。

作業前に現地を見てから見積もりを出してくれる、あるいは作業後の追加料金が発生しないなど、業者のサービスや評判などを前もってよく調べておくことが大事です。

2016.07.29

ゴミ屋敷処理業者が混雑する季節は?

 ゴミ屋敷処理業者が混雑する季節の前に片付けよう

片付けられなくて、部屋がゴミ屋敷になって困っている若い女性が増えている傾向にあります。片付けようとしても、なかなか片付ける気にならなくて、どんどんゴミがたまっていくのが現状です。

ゴミを片付けないままにしておくと、ゴミ屋敷には、夏の季節は、ホコリ、カビ、臭い、ダニなどの原因となり、健康を害する場合もあります。

このように衛生的にもよくないので、特に夏場は注意が必要です。業者への片付け依頼も、夏に混雑します。夏の季節は臭いが発生して、隣や、近所の人にも発覚しやすく、迷惑がかかることがあるためです。腐敗が進みやすく、また多くの害虫も活発化するのがこの季節です。臭いや害虫問題が深刻化したり業者が混雑したりする前に、早めの処理を行うことをおすすめします。

異臭が出やすい夏は依頼数が激増!初夏までに片付けよう

ゴミ屋敷となってしまった部屋を片付けて欲しいと考えている女性も多いでしょう。

若い女性は特に、人に見られたくない、知られたくないという思いから、ゴミ屋敷をそのままにしておいて、夏になるまで放置して臭いがきつくなり、悪臭を放っていることも少なくありません。

自分で片付けられない場合は、業者に頼むことが大切です。業者の人は、片付けの専門、プロのスタッフなので、手際よく片付けを行ってくれます。夏場で悪臭がひどくなるころは、片付けの依頼も多くなる季節なので、混雑する前に、早めに依頼するようにしましょう。

混雑する前に片付けてもらうことで、夏場も快適な部屋で過ごすことができます。夏の暑い季節が始まる前に、ゴミ屋敷を片付けることが大事で、梅雨のカビが発生しやすい、臭いが気になる季節の前に片付けてもらいましょう。

混雑する季節を避けることで、スムーズに行ってもらえます。専門のスタッフがいる業者に頼むことで、自分で行うより効率良く片付けられます。

2016.07.22

ゴミ屋敷は自力での片付けは無理?プロにしかできない理由

 自力でのゴミ屋敷片付けが無理なのは精神的な理由

一軒家の敷地からはみ出すほどのゴミで溢れかえっているゴミ屋敷の報道を、ニュース番組やワイドショーで目にする機会があるでしょう。

しかし、もっと身近にゴミ屋敷は存在しているのです。

マンションやアパートなどで玄関の扉を開けない限り一見しただけでは分からず、異臭や害虫が発生して原因を調査してはじめて気付くケースも少なくはないのです。そこまで進行していると、もはや自力での処理は無理な場合が多いのです。ただゴミが重なっているだけではなく、生ごみやペットの排泄物を放置していたり、トイレや風呂場に汚物が詰まってしまうケースもあります。

自力での処理を諦めたまま放っておいて、どうにもできない状況になってから業者を依頼することが多いようです。通常の感覚を持つ人は生活することは無理だと思える環境で日々を過ごす人は、男性だけではなく、実は女性もかなりの割合を占めています。

犬猫の糞尿だけじゃない!やる気をそぐゴミ屋敷の汚物処理

ゴミ屋敷の住民はなぜか犬や猫などのペットを飼っている人が少なくありません。それも、複数匹飼育していて、食べかけのエサや毛、排泄物を何週間分も放置しているのです。

また、男性はコンビニ弁当の空き容器やペットボトル、ビールの空き缶などが積み重なっていることが多いです。

対して女性は調理をした際に出る生ゴミや、生理中に使用したナプキンやタンポンを放置するので、悪臭や害虫の原因となるゴミ屋敷の住民は女性であることも多いのです。

トイレと風呂場の汚れが極端になると自力での解決は無理でしょう。特にトイレは完全に詰まって流れない状況になってから長い期間放置され、さらに汚物を詰められているケースが多いので自力で水を流すことが不可能になります。風呂場の排水口を一切掃除しないために、水垢やシャンプーの物質が固まってしまい自力での処理は無理な状況も多いです。

また、ゴミ屋敷に染みついた臭いや発生してしまった害虫を処理するのは自力では無理です。害虫を周辺の住民の方に迷惑を掛けないように処理するのは、プロでなくては対応できません。

2016.07.15

亡くなった身内が残したゴミ屋敷の解体の方法が分からない時

 ゴミ屋敷の住人が亡くなった後の解体と遺品処理の方法

遺品整理や解体作業も同時に出来るゴミ屋敷掃除のプロに相談を!

ゴミ屋敷を片付けるためには、大量のごみを処分してから家を解体することが必要です。

もちろん遺品すべてが不要品というわけではありません。たとえば大切な写真などは引き取りたいと思うに違いありません。仮にゴミ屋敷の処分を自分で行うとすれば、かなりの時間とエネルギーを要します。

ゴミの分別はどの自治体でもかなり厳しく、簡単に処分することはできません。泊まり込みで処分する必要があります。そうした時間を取れないことで、後回しになり家があっという間にゴミ屋敷になってしまいます。

そのようなときは専門の業者に依頼するなら、ほとんど何の手間もなく片付けることができます。立ち合いをしなくても遺品の処分から家の解体までを行ってくれます。もちろん解体時や遺品処分の際に立ち合うこともできます。

プロにお願いするなら、短時間できれいになります。コースによっては消毒や除菌が含まれることもあります。ゴミもすべて処分してくれるので、ほとんど何もしなくてすみます。

2016.05.12

ゴミ屋敷の片付け方法のパターン|自治体・民間処分場・業者で検討

ゴミ屋敷の廃棄処分を安くする方法が知りたい

なんらかの理由でゴミ屋敷に関わりを持ち、片付けなければならない事態が生じた場合は、安く片付ける方法を考えなければなりません。ゴミ屋敷は近隣の住民に多大な迷惑をかけ、放火等の犯罪を呼び込む危険なものです。

ゴミ処理の場合はゴミそのものの分別が重要です。分別することにより、処理にお金におかかるものと安く済むものを分けることができます。ブラウン管など行政でも通常の廃品回収業者でも引き取ってもらえないものだけは、お金を払って産業廃棄物の業者へ依頼する必要があります。

それ以外のものに関しては、ゴミの多さに関わらず、意外と安く片づけができる可能性があります。見た目がかさばるだけのゴミは、意外と処理がしやすいものです。

ゴミ屋敷の片付けを安く済ますコツ|清掃業者以外にも頼ってみる

ゴミ屋敷を安く片付ける手段としては行政サービスがあります。行政サービスの中でも粗大ゴミの回収は、かなりの大きなゴミや大量なゴミでも処置が可能です。

自治体によっては有料となりますが、さまざまなメニューを組み合わせることで、ゴミ屋敷の主要な部分を撤去できる可能性があります。また、行政で引き取ってもらえるようなものは自分で処分場に持ち込む方法もあります。

処分場では廃棄物を積んだ車の廃棄前の重量と廃棄後の重量の差により廃棄物の重さを測定し料金を決定します。小型のトラック等の手配ができれば、粗大ゴミの回収料金よりも安上がりです。

行政のサービスを利用できない部分に関しては、民間の業者を使う方法があります。ゴミ屋敷を安く片付けるためには民間業者を組み合わせて使う方法が欠かせません。廃品回収業者では、物品によってはタダで回収してくれるものもあり、真っ先に利用したいものです。

専門の廃品業者に依頼する前に、引越し業務を請け負う便利屋を探してみるのが、ゴミ屋敷を安く片付けるコツです。便利屋は多くの種類の品目を多量に引き取ってくれます。価格も廃品業者よりは安いのが一般的です。

2016.03.23

女性スタッフはいるの?ゴミ屋敷清掃業者のサービス

ゴミ屋敷の清掃業者には女性スタッフも多い

20代女性で仕事をバリバリこなしていると、自分の日常生活がないがしろになることがあります。特に一人暮らしで深夜遅くまで残業していると、家に帰って料理や洗濯、掃除をする時間をつくるのは簡単なことではありません。

家にコンビニ弁当を持って帰り、ゴミを散乱したまま、そのまま寝るというスタイルがスタンダードになり、部屋がゴミ屋敷と化すことがあります。こうした女性はゴミ屋敷清掃業者を雇うと良いでしょう。

スタッフ数名が総出で一気に不要なものと、必要な物を選別し廃棄してくれます。そしてスタッフは丹念に部屋の隅々まで綺麗にしてくれます。

ゴミ屋敷清掃業者のスタッフは迅速で的確な仕事で、あっというまに女性の部屋を綺麗に片付けてくれます。

女性専用のサービスも利用してみよう!

ゴミ屋敷清掃業者が迅速に非常に綺麗に部屋を片付けてくれるとわかっていても、女性はある不安がよぎるものです。それはゴミ屋敷の場合、床に食べクズや洋服だけでなく、ブラジャーやショーツ、生理用品なども散乱していることがあるからです。

そのためゴミ屋敷清掃業者のスタッフの中に男性がいては、非常に恥ずかしい思いをしてしまうことになります。しかしゴミ屋敷清掃スタッフは男性ばかりではありません。

女性スタッフだけで清掃を依頼することも可能です。同じ女性であれば、たとえブラジャーや生理用品を見られても恥ずかしい気持ちをすることがありません。あまりに部屋が物で散乱し、なおかつプライバシーにまつわる物も沢山散乱している場合は、業者に電話で女性スタッフの有無を確認してから見積りに来てもらうとよいでしょう。

またゴミ屋敷はカビの生えた炊飯器や冷蔵庫なども放置されているケースが多く、こうしたリサイクル家電の処分も請け負ってくれる業者を選ぶことが賢明です。

お片づけ小町なら、女性スタッフが丁寧に貴女のお部屋をお掃除させていただきます。
大阪・京都・神戸・奈良など、関西一円に伺います。
まずはお問い合わせください。

0120-967-587
メールの方はこちらから

2016.02.24

リサイクル家電も処分してくれるゴミ屋敷清掃業者を選ぼう

リサイクル法が関わるゴミも回収してくれる業者

女性であっても整理整頓ができず、綺麗に部屋を片付けることができない人がいます。特に仕事で多忙であり、毎日残業で帰宅が深夜になる人は部屋を綺麗に掃除したり、整理整頓する暇がありません。

毎日着ていく洋服なども床に散乱していたり、家電でも電子レンジや炊飯器、魚焼きグリルなどは食べかすや、ソースがこびりついて悪臭を放っていることもあります。そのためゴミ屋敷になっている女性も少なくありません。ゴミ屋敷の解消には清掃業者を雇うのが一番です。

清掃業者でもこうしたリサイクル家電を処分してくれる業者を選ばなければいけません。リサイクル家電は一般ゴミでは廃棄することができず、自治体に料金を払いリサイクル家電を処分する必要があるからです。

そのため清掃だけでなく、リサイクル家電の廃棄も込みで見積り料金を提示してくれる業者を選び、ゴミ屋敷を解消する必要があります。

普通のゴミ収集には出せないものに注意

自治体のゴミ収集にリサイクル家電を出すには、事前に電話し料金を支払い専用のシールを貼ってゴミ置き場に廃棄しに行く必要があります。

電子レンジや炊飯器、掃除機や魚焼きグリルを女手一つでゴミ集積所に持っていくのも一苦労です。こうした普通のゴミ収集では不可能で、料金がかかるリサイクル家電はゴミ屋敷清掃に特化した業者に依頼するのが一番です。リサイクル家電は業者にとって転売できる利益の高いものとなります。

そのためゴミ屋敷清掃業者によっては無料で引き取ってくれるケースがあります。特に冷蔵庫、電子レンジ、テレビはゴミ屋敷清掃業者にとって喉から手が出るほど欲しいアイテムです。

それは発展途上国に転売でき、利益率が非常に良いためです。ゴミ屋敷清掃に関しては、こうしたサービスを利用することで安く綺麗に片付けてもらえることが出来るほか、世界規模のリサイクル活動に貢献することもできます。迂闊に自分で片付けたり、家電を自治体で処分しようとせず、ゴミ屋敷清掃業者に下見に来てもらい見積もりしてもらうと良いでしょう。

2015.11.15

家事代行業者もゴミ屋敷解消に一役かってくれる

ゴミ回収までしてくれる家事代行業者のサービス

忙しい女性が珍しくなくなった現代では、ゴミ屋敷問題も対岸の火事とは言えなくなってきました。

対策としては家事代行業者に定期的な清掃を依頼するなどの方法があるのですが、それすらも難しいという人もいるでしょう。外では身ぎれいにしていても、家の中では疲れ切って家事をする気力がなかなかわかないものです。

代行してくれるところがあるといっても、定期的に呼ばなくてはいけないのは面倒ですね。収集日に出すのを忘れていたゴミ袋がたまり、いつの間にかゴミ屋敷になってしまったというケースもよく見られます。家のことをしてもらうために定期的に何度も家事代行業者を呼ぶのが難しくても、ゴミ屋敷の解消に一度だけ家事代行業者を依頼するのは難しくない筈。女性の場合は特に異性のスタッフが来ることに抵抗がありますね。

しかし、このようなところでは女性スタッフが多いので、他よりも依頼しやすいという利点があります。

女性スタッフが多い業者ばかりなので安心

ゴミ屋敷の解消に家事代行業者を使うなんて、と思うかも知れません。しかし、ゴミ屋敷を元に戻すにはゴミだけを捨てれば良いというわけではありません。

掃除技術に優れた家事代行業者は、主婦経験を元にスタッフとして働いている人も多いです。そのため手際良くゴミを片付け、隅々まで掃除もしてくれます。不要品やいつの間にか忘れていた食べ物が腐ってしまったものなど、ゴミ屋敷には菌やホコリが溜まり易いスポットが豊富です。

清掃サービスが得意な家事代行業者に依頼すれば、カビ取りなども料金内で依頼できることもあります。依頼する先を選ぶ際に、料金システムと共に作業内容を聞いてみると良いでしょう。

カビ取りなどをしてくれる代わりに、ゴミの回収は別料金だったり取扱い不可だったりする可能性も考えられますので、必ず作業内容は確認を。

一方で、ゴミ屋敷の清掃をメインとした家事代行業者も見かけるようになりました。こちらはきちんと回収まで行ってくれるところばかりなので、ゴミの回収も引き受けてくれるプランがあるかどうかで選ぶのも一つの方法です。

2015.11.02

ゴミ屋敷の清掃は追加請求の有無を見てトラブル回避

業者を利用してゴミ屋敷を掃除する際の請求について

一人暮らしの女性にとって家事というのは大変で、特に仕事で忙しいとゴミが捨てられず、自宅がゴミ屋敷となってしまうことも多いのです。

近年増えているゴミ屋敷化、決して望んでなるのではなく、仕方なくなってしまうのです。しかしそのままにしてはおけず、人によっては業者に頼むこともありますが、請求でのトラブルも増えているのです。

ではどうしてゴミ屋敷の清掃において業者との請求トラブルが起きるかというと、清掃費用と、ゴミの処分にかかる費用が別になっている業者もあり、事前にしっかりと確認しておかないと後から高額請求をされてしまうのです。

それゆえ依頼する際には、事前に費用を確認して、納得した上で契約を結ぶことが大切です。

納得のいく追加料金か確認しておこう

ではゴミ屋敷の清掃で業者と請求金額でトラブルにならないためにはどうするべきか、事前に契約書を確認することが大前提になります。どんなものでもそうですが、ゴミ屋敷の清掃に限らず、費用が発生する場合は契約書が交わされるのです。

ただし書類によっては文体的に分かりにくいものもありますので、気になる点があるなら確認をすることを忘れないでください。

特にゴミ屋敷の清掃を業者に頼む場合、清掃とゴミ回収の費用請求が別になることはよくあるのです。粗大ゴミは有料ですし、トラックなどを利用するとそこにもかかってくるので、事前に業者側と話し合い、納得したうえで依頼するのが重要です。特にゴミ屋敷との場合、ゴミの個数によっても請求金額が変わることも珍しくありません。

清掃、ゴミ、時間など、業者と契約を結ぶ前に確認をしておかないと、思いがけないほど高額の請求をされてしまうことがありますので、急ぎたくなる気持ちもありますが十分に注意してください。

2015.10.19

ゴミ屋敷清掃業者の選び方|リバウンド防止の相談ものってくれる所

ゴミを再び増やさないための相談もできる業者選びを

気が付いたら部屋中がゴミで埋め尽くされており、自分の力ではどうにもすることができずに、悩んでいる人は少なくありません。きれいに片づけることが出来たら、どんなにか気持ちがいいだろうと思いながらも、あまりにも散らかってしまうと、自分一人の力ではどうしようもなくなってしまいます。

こうしたゴミ屋敷に対処するためには、専門の業者に相談することがいちばんです。ゴミ屋敷といわれるような部屋や家屋の整理・清掃を多く手がけている業者なら、こうした作業も効率よく行ってくれます。またこうしたゴミ屋敷の清掃には、実はリバウンドが付き物です。

実際にゴミ屋敷がきれいになった後に、リバウンドしてしまう人は少なくありません。相談に乗ってくれる人が近くにいればリバウンドは防げるため、リバウンド防止のための相談に乗ってくれる業者かどうかということがとても重要になります。

アフターサービスとして無料なところもある

せっかく業者の力できれいになったのにも関わらず、相談をする相手がおらず、もとのゴミ屋敷に戻ってしまうことは、絶対に避けたいことです。

けれども近くにそうした相談をすることが出来る人がおらず、元の状態に戻ってしまう人も少なくありません。

そのためゴミ屋敷清掃業者がリバウンドを防止する目的で相談に乗ってくれれば、元の状態に戻ることを防いでくれます。

しかもこうしたアフターサービスとして無料で相談に乗ってくれる業者がおり、多くの人の注目が集まっています。テレビ番組のレポートなどでは、ゴミ屋敷がきれいになった様子が報道されています。通常はそこまでしか報道されていませんが、実際にはその後のリバウンドが大きな問題になっています。

そのため清掃後にゴミ屋敷へ逆戻りすることを防ぐために、無料で相談に乗ってくれることは、作業を依頼した人にとってはとても頼りになります。

リバウンドを防止する効果のあるこうしたアフターサービスを無料で行っている業者かどうか、事前に確認しておくことをおすすめします。

また私達も汚部屋を掃除するだけでなく、汚部屋へのリバウンドを防ぐために、お片付け術をレクチャーするサービスを無料で行なっています。もし汚部屋へのリバウンドを心配されている方は私達にご相談ください。

ーお問い合わせはコチラー

ok-komachi.com/contact/

2015.10.05

ゴミ部屋清掃業者の選び方|不要品の回収業者も活用できる

ゴミ部屋の現状によっては不要品回収業者も検討して

近年よく社会問題の一つとして挙げられるゴミ部屋ですが、解決にはそれなりの労力と料金が必要です。ただゴミをまとめて収集日に捨てれば良い、というものでもありません。

そもそも、きちんとゴミを収集日に出して回収してもらうこと自体が困難だからこそ、このようなゴミ部屋となってしまうのです。忙しい、あるいは不要品をいつか使うかも知れないと保管してしまう人など、ゴミ部屋を作り出してしまう理由は様々です。解決のために清掃業者を呼ぶ方法がありますが、中には不要品の回収までは行っていない清掃専門の業者もありますので、事前にきちんと確認しましょう。

リサイクルショップなどで回収してもらえそうな不要品ばかりの場合は、清掃が主な業者でも十分です。そうでない場合は、複合的なサービスを提示しているところを探しましょう。

清掃専門業者以外で全部やってもらえる

不要品がたとえば大型家具や家電であった場合、ゴミ部屋の解消は業者選びが大切です。家電や粗大ゴミの処分も料金内でしてくれる業者を選びましょう。不要品の回収業者などがおすすめです。

近年ではゴミ部屋の解決も請け負う業者が多く現れ、粗大ゴミなどの不要品回収と清掃をパック料金で行ってくれるところが増えてきました。また、便利屋さんと称する業者もゴミ部屋の清掃を請け負ってくれます。

予めパック料金や専用のプランが存在するところを選ぶと、おおよその料金と回収可能な家電などが分かり易く、複数を比較したい時も便利です。あるいは、不要品の回収を先に別業者で依頼して、その業者と提携している掃除専門の業者を紹介してもらう方法もあります。

ゴミ部屋のイメージやタイプは様々ですが、多くの場合がただ不要品が散乱しているだけ、ではありません。それらが長く同じ場所に置かれ続けていたということは、ホコリやダニ、カビや腐敗したものなどがその周囲に放置されている可能性が高いです。きちんとハウスクリーニングまで行ってくれるプランの中には、ゴミの量で代金が決まる手軽なものもあります。自分に合ったタイプの中で依頼して、清潔な空間も取り戻しましょう。

2015.09.26

ゴミ屋敷清掃業者の選び方|室内作業と処分も行ってくれる所

作業代とゴミ屋敷の処分品引き取り料は別な可能性も

ゴミ屋敷と一言でまとめても内容や種類、量によって対応できる業者は様々だと思います。

例えば全て処分したいなら産廃業者が良いと思います。この場合はコンテナと呼ばれる箱に混載で処分するため分別作業などの必要がありません。個人宅のようなゴミ屋敷でも見積もりをしてくれます。

多くの場合はコンテナ1台でいくら、という金額設定をしています。

ただし、産廃業者の場合は全てをゴミとして処分することを作業内容としているのでゴミ屋敷の規模によって高額になる場合もあります。ゴミの運び出しも依頼した場合は作業人数も多めになるので、より大きな金額がかかる場合があります。そうした意味では、最終的にゴミを処分する場合に依頼するのが良いと思います。  

ゴミの処分料は別なのか事前に確認が大切

ゴミ屋敷の中にあるものが全て処分しなければならないゴミではありません。

日々の生活の中で必要なものを除いても、お金に換わるものが必ずあるはずです。産廃業者にゴミ屋敷の片付け作業を依頼する前に、リサイクルショップを活用することをおすすめします。

一般の方が処分するしかないと考えるものでもプロが見れば買取り対象になる商品はたくさんあります。ゴミ屋敷の中身をゴミだけだと考えずに,買取り可能なものを事前にお金に換えることで処分金額を抑えることができます。大きな家具などはお部屋の中に占める面積も大きいので、一気に片付くこともあります。

都市部に住んでいる方は店舗に持っていく作業は難しいので、産廃業者に処分を依頼する前にリサイクルショップでの出張買取りを依頼することで重たいものも片付きます。基本的に作業料金を取られることはありません。 また、多くの場合リサイクルショップは産廃業者ともつながっているので、買取り作業が終わったら改めてゴミ屋敷の片付けを相談してみるのも良いと思います。

2015.09.03

ゴミ部屋清掃業者の選び方|料金システムの内容で決める

家電とゴミの量の比率で部屋の適切な清掃料金が変わる

仕事やプライベートが忙しく、いつかはきれいにしなくてはいけないと思いながらも、気が付いたらゴミ屋敷状態になっていたという人は決して少なくありません。部屋の中がこのような状況になってしまった場合には、もはや自分一人の力ではどうにもなりません。

それより少しでも早く、ゴミ屋敷となってしまった部屋の清掃をしてくれる業者を見つけ、作業を依頼することが鉄則だといえます。

こうした部屋にあふれかえっているゴミの清掃を行ってくれる業者はたくさんありますが、それぞれに料金システムが異なっています。実際に部屋を清掃してもらった料金を払うことを考えると、事前にきちんと業者を選んでおかないと、思いがけなく割高な料金を支払うことになってしまいかねません。

家電が多い場合などはパック料金を活用しよう

ゴミ屋敷から脱却するためにこうした清掃業者を利用する際には、きれいにしなければならない部屋の状況に応じて、依頼方法を決めることが大切です。

たとえば処分しなければならない荷物の中に家電が多く含まれている場合には、パック料金を活用すると、比較的安い料金で作業を行ってもらうことができます。ある程度以上のゴミがたまってしまった場合に、自分一人の力で作業をするのには、限界があります。

そのため清掃を行ってくれる専門の業者に、部屋の清掃を依頼することが得策だと言えます。また部屋の中にあふれているゴミを清掃してもらう際には、さまざまなパック料金を利用することも重要です。

散らかった部屋を清掃し、ゴミを一掃してもらうために業者を依頼する際には、それぞれの業者の料金システムを比較・検討し、自分にあったところを選ぶことが大切です。自分にあった料金プランのある業者を見つけることができれば、コストパフォーマンスの良い清掃作業を依頼することができるでしょう。

2015.08.25

ゴミ屋敷清掃業者の選び方|便利屋さんに頼む際の注意点

清掃業者以外にもゴミ屋敷を解消できる会社はある

一人暮らしの女性にとって時に悩みとなることが、自宅がゴミ屋敷と化してしまうことです。忙しいとつい家事が後回しになってしまい、マンションによってはゴミの収集日が決まっていてタイミングが合わない、それゆえ清掃が追いつかず、ゴミ屋敷となるのです。

そうなったら自分一人で清掃するのは難しく、業者に依頼した方が良いのです。ただし女性の場合、ゴミ屋敷清掃とはいえ、自宅に男性が入ってくるのに不安を感じることもあるのではないでしょうか。そういう時は女性スタッフを指名することのできる便利屋などがありますので、そちらを利用することがおすすめです。ただし便利屋によって料金が複雑になることもあるので、事前に確認することが必要となってきます。

ゴミの処分は別料金である可能性に注意

ゴミ屋敷化した自宅の清掃を便利屋などの業者に頼む場合、確認しておきたいことがいくつかあって、その一つがゴミ出しにかかる費用です。清掃費用の中にすべてがセットになっているのか、それともゴミ出しに関しては別料金となっているのか、これを事前に確認しておかないとトラブルとなってしまう可能性があります。

普通の家でもそうですが、ゴミ屋敷と化している場合、捨てるものも多数出てくるはずなので、事前に料金はしっかりと確認することが求められます。また清掃に関してもランクがあるはずですので、自分に必要なものを選ぶことが大切になります。ゴミ屋敷の清掃となると家電も出てくるかもしれません。

リサイクル法に関わるものは別料金としている業者も多いです。高額の料金となってしまうので、事前の確認が求められます。そして無事にゴミ屋敷から脱却したら、次はそうならないように事前に手を打つことが大事です。自分で片付けが無理なら定期的に便利屋などを利用して、綺麗な状態を保つように心がけましょう。

遺品整理もお任せください

解体工事

アクト片付けセンター

アーイ・ユー

ポプラ法律事務所

お役立ち情報

営業エリア

その他エリアの方もお気軽にお問い合わせください。

大阪府
大阪市・堺市・箕面市・豊中市・池田市・能勢町・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・千早赤阪村

兵庫県
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町・明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町・姫路市・神河町・市川町・福崎町・相生市・たつの市・赤穂市・宍粟市・太子町・上郡町・佐用町・朝来市・淡路市・篠山市・丹波市・洲本市・南あわじ市

京都府
京都市・宇治市・大山崎町・亀岡市・京田辺市・久世郡久御山町・城陽市・笠置町・加茂町・木津町・精華町・山城町・和束町・ 井手町・宇治田原町・長岡京市・向日市・八幡市

奈良県
奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町

和歌山県
和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・紀の川市・岩出市・紀美野町・九度山町・高野町

滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市・野洲市・甲賀市・高島市

Copyright (C) Okataduke Komachi. All Rights Reserved.