ゴミ屋敷脱出!ブログ

実家の片付け・生前整理

2017.06.28

義実家ゴミ屋敷清掃を穏便に済ますには?

義実家がゴミ屋敷だったらどうする?

2017.04.26

実家がいつのまにかゴミ屋敷に・・・。片づけを拒む親を説得するには

実家のゴミ屋敷は最も困難な親の説得が結果を左右する

実家に帰るといつの間にか物が増えていて、親を説得してもなかなか納得せずにどんどんゴミ屋敷になっていく、という悩みはないでしょうか。このような悩みは、多くの子供が抱えている深刻な問題として最近注目を集めています。これに関しては、物を捨てることを勿体無いと考えている世代ゆえの考え方の違いに理由があるというケースもあれば、子供が巣立って広くなってしまった寂しさを埋めるためという場合もあります。

子供がいなくなって広く感じるようになった家を埋めるために、どんどん物を増やしたことによってゴミ屋敷になってしまったというものです。いずれの場合も親御さんなりの理由がある上、物を捨てるという考えや気力が衰えてきているため、どんなに子供が説得しても改善することが難しいとされています。ですが、そのまま放置していると健康被害や怪我などのリスクが高まってしまいます。放火や近隣住民とのトラブルに発展してしまうという危険性もあるので、子供の立場としては早急に解決したい問題であるのも確かです。

第三者を挟むことで冷静な決断を促そう!歩み寄ることが大切

ではどのようにして親を説得して実家のゴミ屋敷状態を改善していくのか、を考えなくてはなりません。しかし、子供だけで親を説得しようとしても、ついつい厳しい口調や言葉になってしまいます。親も心情的に子供に従うということが難しいため、なかなか改善しにくい部分があります。特に他人よりも遠慮なくものが言えるからこそ、感情的になりやすく、説得しても通用しないということが多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、説得をする際に第三者を挟む方法です。親子だけだと主張のぶつけ合いとなり、遠慮がなくなってしまうのですが、第三者を挟んで話を進めてみるとスムーズに進むことが多いです。お互いを冷静に見てくれる存在がいると言うのは、非常に大きなポイントとなっています。

たとえば、実家に関してよく知っている人を挟んで話し合いをすると、互いの心情を汲み取ってもらいやすいです。何より、ゴミ屋敷になっているという事実を第三者に指摘されるだけでも親御さんの心象が大きく変わることでしょう。また、冷静な意見が聞けるからこそ親子が歩み寄りやすい部分も見つけやすいので、ゴミ屋敷化が再発するのを防ぎやすくなります。

2016.12.16

結婚相手の実家がゴミ屋敷だった時の対処方法

結婚相手の実家がゴミ屋敷…どうすれば良い?

夫、あるいは妻の実家に行ったら驚くほどのゴミ屋敷状態だった……そんな経験のある方はいませんか?結婚前ならまだしも、人によっては、結婚してから初めてその事実を知るともあるかもしれません。初めて見たときには大きなショックを受けるはず。文化の違いに驚き、もうその家とは関わりたくないとまで思ってしまう方もいるでしょう。

自分の家であればまだ親を説得しやすいですが、結婚相手の実家となるとなかなか自分からは切り出しにくいもの。まずは相手がその状況をどう考えているのかから考えなければなりません。もし、自分と同じように「このままではまずい」と思っているなら、2人で一緒に両親を説得しに行くのがいいでしょう。しかし、相手が「このままでもいい」と考えているとなると、今後もずっとゴミ屋敷の実家とお付き合いしていかなければなりません。

放置する危険性について話して説得

実家がゴミ屋敷になってしまっているのなら、結婚相手とその両親に対し、放置することのデメリットをきちんと伝えて説得し、片付けを進めるべきです。家の中が狭くて不便というだけではなく、健康状態の悪化、悪臭や害虫の発生、自然火災の発生、積んだゴミの倒壊など、あらゆる危険性があります。一番は不衛生である点ですが、こういったあらゆる危険が潜んでいることも話し、早急に家の片付けをするよう説得すると良いでしょう。

もし夫や妻を説得できなかった場合には、親しい知人を介して3人で話し合ってみるのも一つです。とにかく、「片付けをしなければならない」と意識させることが先決でしょう。

ゴミ屋敷の片付けは、自分でやろうと思ったら気の遠くなるような作業です。しかし、不用品回収業者に依頼すればあっという間に解決できます。不用品の回収、片付け終わった後のリクーニングまでやってもらえば、ゴミだらけだった家の中もスッキリし、快適な生活が送れるようになるはずです。

気持ちの良い暮らしを

結婚相手の実家には頻繁に行かないという夫婦もいるかもしれません。しかし、両親の家がずっとゴミ屋敷のままになっているのはやはり気持ちの良い状況ではありません。また先に紹介したとおり、火災や害虫の発生などあらゆる危険も潜んでいます。そのリスクを軽減するためにも、そして両親と気持ちの良い関係を築くためにも、相手とその両親をきちんと説得し、不用品回収を依頼しましょう。

2016.10.31

実家がゴミ屋敷だったら。生前整理が必要な理由と開始時期とは

生前整理でゴミ屋敷によるトラブルも予防できる

実家がいつのまにかゴミ屋敷になっていたというケースはとても多いです。なぜそうなったのかといえば、親が高齢になってなかなか片付けられないなっていたということが第一に挙げられます。また、なんでも取り合えず物をとっておく、捨てないという人も多く、そのような親や子に頭を抱える家族も珍しくありません。

ゴミ屋敷になっては片づけるのが本当に大変です。少しでも実家に物が多いと思ったら生前整理をする必要があります。生前整理は実家の親が危険なく、健康に暮らすためにもとても必要なことです。

物が少ないことでケガのリスクも減りますし、ほこりがたまりにくい環境になることで、ダニや害虫が出没する可能性も低くなります。トラブル防止のためにも、生前整理をおすすめします。

生前整理は早めがオススメ!安全・健康に暮らすために物を減らそう

親が亡くなったあとに、ゴミ屋敷状態の実家の片づけを強いられる子供が増えています。このようなゴミ屋敷で苦労しないためには、親が健在のときから生前整理をすることが必要です。実家の生前整理によるメリットというのはとても大きいものがあります。

それはすっきり暮らすことで、家族が怪我や病気に見舞われるリスクがかなり低くなります。また、遺品整理で家族が困らないで済むよう、あらかじめ残したいものと残さなくて良いものに分けておく点も大事です。

家族間のトラブル防止にもなりますし、老後を必要なものだけに囲まれてすっきり暮らすこと自体が長生きにつながります。不要なものも溢れたゴミ屋敷では、周囲にはガミガミ言われるし、必要なものがどこにあるか分からないしで、ストレスがかかります。ストレスの少ない生活を送るためにも、生前整理ですっきりとした生活を送ってみてはいかがでしょうか。

自力では難しいという場合は、家族と一緒に作業したり、面倒な部分だけを業者に任せるという手もあります。

2016.10.24

異臭問題は消臭剤だけじゃ解決できない|実家のゴミ屋敷問題

ゴミ屋敷の異臭を根本から絶つには害虫問題にも注目

しばらくぶりに足を運んだ実家から異臭がする、ということは珍しくありません。両親が若いころはきちんと掃除をして整えていた環境も、年齢を重ねると掃除などがしづらくなり、手が行き届かなくなりがちなのです。

また、生活への不安からものを溜めてしまうということもありがちで、ゴミ屋敷となってしまうケースもあります。ゴミがたまっていると害虫なども発生しやすくなります。害虫を放っておくと病気を媒介するなどの影響も出てくるので対策が必要です。

ゴミ屋敷化が始まっている実家や、異臭がするときにはその原因をしっかり把握して対応する必要があります。消臭剤など小手先の対策では解決できませんから、ゴミの片づけなどをコツコツ行っていきましょう。

原因を徹底的に解消しよう!害虫対策だけは再発の危険あり

ゴミ屋敷化してしまった実家の片づけはかなりの苦労を伴いますので、まずは実家にある不要なものを捨てることから対策を始めましょう。明らかなごみから捨てていくとご両親の抵抗感も少なくておすすめです。

異臭がするものなど、ご両親にとっても不要だとわかるものから処分をしていきましょう。あなたにとっては不要に見えるものであっても、年配の方は使えそうなものはとっておきたいという気持ちが強いこともあります。

納得いかないうちに強行して捨ててしまうと精神不安定な状況に陥ることも考えられますので、ゴミ屋敷を早く何とかしたいのはやまやまですが、納得がいくまで向き合ってあげるのがポイントです。

ゴミ屋敷を片付けていく過程で害虫が出てくることもあります。原因となるゴミを片付けるのが第一の対策です。異臭がするような場所は害虫も発生しやすいので注意しましょう。立ち会える時間がある場合は、専門業者に害虫駆除を一度依頼すると手軽で確実です。

しかし、一度害虫対策をしたからと言って安心はできません。再び異臭のするものなどがあると虫が酔ってくることもあります。まめに実家の様子を見に行ったり、業者による害虫駆除を行ってください。

2016.10.17

ゴミ屋敷の実家をそのまま放置してないですか?税金で損をする特定空家のリスク

ゴミ屋敷となった実家の放置が税金増額を引き起こす

土地を所有している人にかかる税金に、固定資産税があります。それには軽減措置があり、建物が建っていれば本来かかる納税金額からある程度軽減されています。

ここまで空家が増えた理由は、だれも住んでいなくても、節税のためにそのまま放置していようとする人が増えたためです。しかし、まったくだれも寄り付かない実家はいつの間にかゴミ屋敷となって放置されていくことになります。

荒れ放題の実家はゴミ屋敷として周辺にも知れ渡ることになります。家の中はもちろんですが、庭も周囲から投げ込まれたゴミなどでよけいに荒れ放題になる可能性は大きいです。万が一タバコなどを投げられると火災になる可能性もあるので、すぐに手入れをしたほうがいいのです。

放置していると、特別措置法の中の「特定空き家」に指定されるかもしれません。

固定資産が6倍になるかも?ゴミ屋敷解消で危険のない空家へ

住み慣れた実家も、子供が独立すれば老夫婦だけになります。その親もなくなると当然その家は主のいない家となります。

売却すれば良いのですが、地方などはなかなか買い手がつかず、かといって更地にすれば税金も増えるから、と放置されやすいのです。その結果、全国各地で廃墟と化した家ができ、中にはゴミ屋敷のまま放置されている物件もあります。

ゴミ屋敷はちょっとしたことで火事や倒壊を起こす危険があり、また異臭騒ぎの原因にもなり、大変危険です。この状態を少しでも解決しようと、現在では危険度の高い放置物件については特別措置法が施行され、税金が満額かかるようになっています。

特別措置法は倒壊やごみによる衛生上の有害など、放置していると危険な空き家(特定空き家)が対象です。家が建っていることによる税金の優遇が効かなくなり、最大6倍の税額負担になる可能性もあります。また、持ち主の自己負担による強制退去なども行われることがあるため、以前のように空き家を放置できなくなりました。

税金が6倍に跳ね上がる危険を放置して、なおかつ近所迷惑となっているゴミ屋敷を放置していて、良いことはありません。

この特別措置法をきっかけに、ゴミ屋敷を片付ける決心をしてみてはいかがでしょうか。忙しくて遠方の実家まで片付けに行けない、という方は、専門業者に依頼し、一から任せてしまう手もあります。

一度、お片付け小町にご相談ください。

2016.10.10

実家に段ボールが大量に・・・。段ボールがたまる原因とは?

段ボールの溜めこみはゴミ屋敷への第一歩となる

久しぶりに実家に帰ると何故か段ボールや資源ゴミが処分されず溜まっていたことはありませんか。あなたのご実家がゴミ屋敷に近づきつつある兆候かもしれません。段ボールや資源ゴミはリサイクルができるものです。

これらのリサイクルができるゴミは、普通ゴミや燃えるゴミに比べると収集頻度が多くありません。ただでさえ収集される頻度が少ないのに1度でも出し忘れると大変なことになってしまいます。

ゴミがある状態を通常と認識してしまうと、ゴミがあっても気にならず知らぬ間にどんどんゴミが増えてしまいます。また勿体ないを理由に使えるかもしれないからと段ボール等を保管されている場合もありますが、今現在使用していない段ボールはただのゴミで、紙ダニなどの害虫が発生する可能性もあります。

収納や動線として利用したいスペースをゴミが占領しています。ゴミ屋敷になってしまう前に、溜まっている段ボールは早めに処分して下さい。

溜まった段ボールは早めに処分しよう!保管はデメリットだらけ

では実家がゴミ屋敷にならないために、どのような方法で段ボールを溜めないようにすれば良いのでしょうか。まずは段ボールをゴミと認識する必要があります。

いつか使うかもしれないから保管しておく、そのいつかは訪れません。最悪の場合保管したことも忘れてしまい、ゴミ屋敷へと一歩近づいてしまいます。

もし本当に利用するのであれば、すぐに利用して下さい。後で何に使うか考えよう、と思われた方にとって、その段ボールはゴミで処分する確率が高い物だということを忘れないで下さい。

次の収集日まで日にちがある場合、とりあえず適当な場所に置くのではなく、きちんと決まった場所に置くようにしましょう。色々な場所に散らばったゴミを集めてくるのは大変手間で、集め忘れ処分されない物が出てきます。

そのようなことのないよう、段ボール置き場を決めて下さい。段ボールがちょっとしかないから次は出さなくてもいいやとは思わず、次の収集日には必ず処分して下さい。

実家にお住いの方が収集日を忘れないようにすることが難しい方は、収集日前日又は当日に電話やメールで実家に連絡をされてみてはいかがでしょうか。

ゴミ屋敷は火災のリスクも上がるため危険です。

2016.10.03

実家の片づけが進まない。ゴミ屋敷を生み出す買い物方法とは?

ゴミ屋敷を片づけるために必要な買い物のポイント

日本には、年末に大掃除という習慣がありますので、一年で最低でも一度は職場や自宅などを片づける機会があります。 

しかし、せっかく片づけたにも関わらず、油断をすると短期間で物が散乱し、ゴミ屋敷のようになってしまうことも少なくありません。 親の目がある実家暮らしの場合でも、実家の自分の部屋だけがゴミ屋敷のようになってしまうことも。 

部屋を片づけるときに陥ってしまいがちなのが、便利器具や収納器具の買い物をしてしまうことです。 

買い物をするということは、物が確実に増えるということですので、ごちゃごちゃした部屋にまた物を増やしてしまうことになります。 

このような場合は自力でどうにかするよりも、専門家に聞く方が良いでしょう。専門家の意見を忠実に再現すれば、片づけやすい空間を作ることができます。

専門家のアドバイスをもらおう!まずは置き場と安全確保を

実家をゴミ屋敷にしないために、まず行うべきことは買い物ではありません。今回は実家を想定して考えたいと思います。

専門家の話では、特に片づけをするときに買い物をしてしまいがちな物は、収納器具です。収納器具については、買い物をして物をしまったは良いものの、それから長い期間開かずの空間になっているということも少なくありません。収納器具は、必要のないものをしまう場所ではありません。現状ある収納器具に入りきらないものは捨てるべきです。必要のないものは捨て、余計な買い物をしないことがゴミ屋敷解消の一歩です。

専門家のアドバイスを聞くと、一度ゴミ屋敷のように散らかってしまった空間を片づける場合、まず気をつけなければならないことは、必要なものの置き場所と安全確保です。片づけの時にはよく物が落ちてきたり、散乱している物を踏みつけ、足をケガする可能性もあります。片づけの際にまず始めることは、物の移動や必要なもとそうでないものを判断できる空間作りから。

もちろん、専門家のアドバイスだけでは片づけられないほどのゴミ屋敷とかした場合は、業者も手配する必要があります。

ゴミ屋敷は、ひどくなるほどそれだけ費用がかさむため、定期的に片づけれなない方は特に、多額の費用が必要になる前に片づけるためのポイントを確認し、不要なものを捨てる習慣からつけていくことが大切です。

2016.05.30

実家がゴミ屋敷で彼氏を紹介できない!母の荷物をためるクセ

掃除が出来ない親がゴミ屋敷にしないようにする為には

実家の親が荷物やゴミをため込んでしまって悩んでいる人は、意外と多いものです。酷い場合はゴミ屋敷のように家の中や庭が物で溢れかえってしまい、ご近所の方に苦情を言われてしまうこともあります。

自分の家ならまだしも、実家がゴミ屋敷だと自由に掃除できないし、してもまた親が荷物を増やしてしまって堂々巡りです。ゴミ屋敷になってしまえば友人や恋人を家に呼べないばかりか、カビやホコリが充満しているため健康面でも大きな影響があります。

親が掃除できないからと言って放置していても、状況が悪化することはあっても改善することは絶対にありません。今後快適な生活を過ごしたいなら、思い切って子どもが強硬手段に出ることも必要です。

ゴミ屋敷を掃除できない時|思い切って全部捨てる手もあり

単に片付けが苦手で掃除できないために実家がゴミ屋敷になっている場合は、対処も比較的簡単です。毎日少しずつでも物を捨てていけば良いのですが、あまりに膨大なゴミが溜まっている場合は個人の力では埒が明かないこともあります。

このような場合は、専門のゴミ収集業者を実家に呼んで、思い切って荷物を全部捨ててしまうのも選択肢の一つです。業者は思い入れももったいない気持ちもないため次々に荷物を運び出してくれ、掃除できない親でも勝手に実家が片付いていきます。

ゴミ屋敷になっている場合は大量のゴミが出るため、片付けと同時にゴミも処分してくれる業者に依頼するのが最も便利でスピーディーなのです。ただ、この方法は非常に費用がかかります。もし実家全体を片づけた場合、100万円近くかかることもあります。このようにゴミ屋敷にして無駄な出費をしないためにも、掃除できないと言って諦めるのではなく、普段から少しずつでも捨てる習慣を身に付けるよう親に言い聞かせておきましょう。

遺品整理もお任せください

解体工事

アクト片付けセンター

アーイ・ユー

ポプラ法律事務所

お役立ち情報

営業エリア

その他エリアの方もお気軽にお問い合わせください。

大阪府
大阪市・堺市・箕面市・豊中市・池田市・能勢町・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・千早赤阪村

兵庫県
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町・明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町・姫路市・神河町・市川町・福崎町・相生市・たつの市・赤穂市・宍粟市・太子町・上郡町・佐用町・朝来市・淡路市・篠山市・丹波市・洲本市・南あわじ市

京都府
京都市・宇治市・大山崎町・亀岡市・京田辺市・久世郡久御山町・城陽市・笠置町・加茂町・木津町・精華町・山城町・和束町・ 井手町・宇治田原町・長岡京市・向日市・八幡市

奈良県
奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町

和歌山県
和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・紀の川市・岩出市・紀美野町・九度山町・高野町

滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市・野洲市・甲賀市・高島市

Copyright (C) Okataduke Komachi. All Rights Reserved.