ゴミ屋敷脱出!ブログ

遺品整理

2017.03.27

ゴミ屋敷を片づける!第2の人生を生前整理で身軽に生きる

健康寿命を延ばすためにはゴミ屋敷解消で生前整理を

近年は高齢者にもゴミ屋敷住人の数が増えており、そのため健康を脅かしているとも言われています。今後も高齢化社会が続くと言われる日本では、高齢者の健康寿命を延ばす意向を示しているのをご存知でしょうか。年々進む高齢化社会の中を健康的に生きるには、ゴミ屋敷による悪環境などから身を守る必要があります。ゴミ屋敷の解消が、病気になるリスクを減らし、ゆくゆくは健康寿命を延ばすことにもつながります。

健康寿命を延ばすと第2の人生を健康的に送れるだけではなく、たとえば自分の計画通りの生前整理も可能です。生前整理にはまだ早いと思いがちですが、ゴミ屋敷の解消をきっかけにある程度済ませておく手もおすすめです。何故ならゴミ屋敷解消とまとめて行うことで、生前整理にかかる費用や時間も節約できるうえ、自力では処分が難しい大型ゴミなども思い切って処分できるのです。

話題の生前整理をすることで、安心して健康寿命を延ばす

健康寿命とは、人が介護や介助を必要とせず、自力で生活が送れる期間のことをさします。つまり、一般的な寿命とは意味が異なるのです。体力低下が原因でゴミ屋敷を発生させてしまうケースも多い高齢者は、とくにこの健康寿命を意識する必要があります。ゴミ屋敷で生活していると、不潔な環境ゆえに健康被害が起こったり、ゴミの下敷きになって思わぬ怪我に見舞われたりします。そうなると、体力の少ない高齢者は今後寝たきりとなる可能性も否定できません。

ゴミ屋敷を解消することで、健康寿命を脅かす病気や事故のリスクを軽減できます。また、高齢者の場合は生前整理にもつながるため、将来残される家族がゴミ屋敷の扱いで右往左往する心配もなくなります。生前整理はまだ早いと思っている方も多いかもしれませんが、健康寿命が脅かされると、いざという時に自力で生前整理すらできなくなるもの。元気な今のうちに生前整理も兼ねてゴミ屋敷の掃除をすることで、ご自身の健康寿命も伸ばし、身軽で健康的な第2の人生を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2016.10.31

実家がゴミ屋敷だったら。生前整理が必要な理由と開始時期とは

生前整理でゴミ屋敷によるトラブルも予防できる

実家がいつのまにかゴミ屋敷になっていたというケースはとても多いです。なぜそうなったのかといえば、親が高齢になってなかなか片付けられないなっていたということが第一に挙げられます。また、なんでも取り合えず物をとっておく、捨てないという人も多く、そのような親や子に頭を抱える家族も珍しくありません。

ゴミ屋敷になっては片づけるのが本当に大変です。少しでも実家に物が多いと思ったら生前整理をする必要があります。生前整理は実家の親が危険なく、健康に暮らすためにもとても必要なことです。

物が少ないことでケガのリスクも減りますし、ほこりがたまりにくい環境になることで、ダニや害虫が出没する可能性も低くなります。トラブル防止のためにも、生前整理をおすすめします。

生前整理は早めがオススメ!安全・健康に暮らすために物を減らそう

親が亡くなったあとに、ゴミ屋敷状態の実家の片づけを強いられる子供が増えています。このようなゴミ屋敷で苦労しないためには、親が健在のときから生前整理をすることが必要です。実家の生前整理によるメリットというのはとても大きいものがあります。

それはすっきり暮らすことで、家族が怪我や病気に見舞われるリスクがかなり低くなります。また、遺品整理で家族が困らないで済むよう、あらかじめ残したいものと残さなくて良いものに分けておく点も大事です。

家族間のトラブル防止にもなりますし、老後を必要なものだけに囲まれてすっきり暮らすこと自体が長生きにつながります。不要なものも溢れたゴミ屋敷では、周囲にはガミガミ言われるし、必要なものがどこにあるか分からないしで、ストレスがかかります。ストレスの少ない生活を送るためにも、生前整理ですっきりとした生活を送ってみてはいかがでしょうか。

自力では難しいという場合は、家族と一緒に作業したり、面倒な部分だけを業者に任せるという手もあります。

2016.09.08

独身のゴミ屋敷は生前の遺品整理が特に重要?!親族に影響する被害とは

ゴミ屋敷の清掃と、遺品整理は全く違います。ゴミ屋敷の場合、ほとんどが捨てるものとして処理してゆきますので、ある程度の仕分け作業は必要ありません。

しかし遺品整理の場合には、遺品として保管するものか否かもかかわってきます。

生前であれば捨てることについての躊躇はなくとも、遺族や縁者などが死後に行うときには、処分に困りますし、それなりに粗末に扱えないものも出てきます。ご供養をしてから処分するということにもなるでしょう。

ゴミ屋敷の片づけは、出るごみの量が違いますので、価格としては量に応じて高くなりますが、遺品整理の場合には、小規模であったとしても、割高になりがちです。できれば、生前のうちに、ゴミとして処分できるのが望ましいものです。

ゴミ屋敷と遺品整理をセット依頼して割引対応できる業者を探そう

高齢者が独居だった場合、生前からゴミ屋敷化してしまうことが少なくありません。テレビで見るようなゴミ屋敷は、家主が少なからず収集癖があるというケースが多くみられます。

収集癖がなかったとしても、体力が低下してくると、片付けも捨てる行為も、ストレスになってきます。なかなか手が回らなくなるものです。

その挙句に、生前から「隠れゴミ屋敷化」してしまい、そういった方が亡くなったときには、遺族や縁者は、ゴミ屋敷としての清掃と遺品整理を同時に行わなければならなくなってしまうのです。清掃と遺品整理を別計算で発注すると、それだけでかなりの金額になってしまいます。できるだけ抑えたい出費ですので、ゴミ屋敷と遺品整理をセットで依頼でき、割引してくれるような業者を探すことが得策です。

ただし、業者の不法投棄といた問題も巷にはあり、それによって依頼者側が迷惑をこうむることも起こっています。信頼できる業者を選ぶことを前提として、さらにお得な業者を探しましょう。

2016.08.02

遺産相続トラブルはゴミ屋敷でも起こる!自分の意図しない結果となる可能性も

 ゴミ屋敷での遺品整理は遺産相続が絡むことも

遺産相続トラブルがゴミ屋敷でも起り得るということをご存知でしょうか?その理由を例を挙げて説明しましょう。

まず、ゴミ屋敷になる原因は二種類あります。まず一つは、ものが多すぎるのに必要以上に溜め込んでしまう「倉庫型」です。そしてもう一つが、食べかけの食品、生ごみなどのまさにゴミを溜め込む「有機系」です。いずれにせよゴミ屋敷の中で遺品整理を行うことは困難がつきものです。

例えば、ゴミ屋敷の住人が亡くなった際、その遺族が遺品整理を行います。遺品整理をしていると、亡くなった住人の遺産が見つかりました。私利私欲にまみれた遺族がいれば、遺産相続争いにも発展します。生前に遺品整理と遺書の管理を済ませておけば、こんなトラブルになることもないのです。

ゴミ屋敷の片付けも遺産相続も生前に済ませておくと安心

遺品整理が住人の生前に済まされていれば、遺書の存在も容易にわかり、回収作業中に口論になって作業が進まないなんてことにはなりません。つまり、ゴミ屋敷状態が事前に改善されていれば、未然に遺産相続争いというトラブルを未然に防ぐことができるのです。では、どのようにしてゴミ屋敷状態を防げばよいのでしょうか。

まずゴミ屋敷から脱出するには、断捨離をすることです。買い物をするたびに不必要なものを必ず捨てる等、定期的に断捨離を行うことが大切です。ゴミの日に出し忘れていつの間にかゴミ屋敷になってしまう例も多いので、時間を作って定期的に、ということが大切です。

こうすれば遺品整理の際、遺産相続の争いには発展しないし、なによりきれいな部屋は気分がいいです。もし自分が亡くなった後、遺品整理で遺族が遺産相続争いをしている、なんてことは悲しいのでゴミ屋敷にならないよう日頃から部屋をきれいにすることを心がけることが大切です。

2016.07.02

ゴミ屋敷は孤独死リスクが低い?イメージとは違う遺品整理依頼の多さ

意外に多いゴミ屋敷住人の孤独死を回避する方法

普段仕事でストレスを抱えながら頑張っている人ほど、家のなかがゴミであふれている人も多いです。さらに独身で恋人もいないという人は具合が悪くなって最悪亡くなっても、孤独死になるだけです。

そういうことにならないためにも、定期的に業者にきてもらうと身内の方も安心できます。定期的に業者の目に触れるだけで、ゴミ屋敷にならないだけでなく孤独死をみつけてもらいやすくなります。

最悪、亡くなったとしても遺品整理もできることになります。

自分が将来孤独死になりそうだという人は、ゴミ屋敷にならず、遺品を整理してくれる人を見つけるためにも生前からもしものときに備えておくことが必要になる時代です。

自分で片付けが苦手という人ほど、定期的に依頼してきれいに暮らしておくことが必要です。

遺品整理も同時にできるゴミ屋敷の掃除|定期的な訪問で孤独死予防にも

ゴミ屋敷に住んでいるというと、だらしがない人と決めつけてしまいますが、いろいろなタイプがあります。

若い人の場合でしたら仕事のストレスを抱えて家に帰るとなにもする気がなくて、ゴミも放置してしまう人などです。高齢の人でしたら、認知症が進んで片づけられないという人もいます。

また、いずれのケースもいつも家に来る人がいないために、余計にゴミ屋敷が加速していってしまうのです。そういう人に起こってしまいがちなのが、孤独死です。

ある日突然亡くなっても、だれにも気が付いてもらえない、あるいはなくなっても遺品整理をしてくれる人がいないというケースがあります。そんなことを防ぐには定期的に業者を依頼して片づけてもらうという方法です。

そうしておけば、いつもきれいな状態でいられるのでゴミ屋敷にはなりませんし、孤独死になるまえにみつけてもらえる可能性があります。

さらに、仮に孤独死になっても遺品整理をしてもらえるのです。遺品がいつまでも片づけられないで放置するのは周りにも迷惑がかかりますからそれも防げるのはいいことです。

遺品整理もお任せください

解体工事

アクト片付けセンター

アーイ・ユー

ポプラ法律事務所

お役立ち情報

営業エリア

その他エリアの方もお気軽にお問い合わせください。

大阪府
大阪市・堺市・箕面市・豊中市・池田市・能勢町・吹田市・高槻市・摂津市・茨木市・交野市・八尾市・大東市・四条畷市・守口市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・門真市・和泉市・高石市・泉大津市・忠岡町・岸和田市・貝塚市・熊取町・泉佐野市・田尻町・泉南市・阪南市・岬町・松原市・羽曳野市・藤井寺市・太子町・河南町・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・千早赤阪村

兵庫県
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町・明石市・加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・西脇市・三木市・小野市・加西市・加東市・多可町・姫路市・神河町・市川町・福崎町・相生市・たつの市・赤穂市・宍粟市・太子町・上郡町・佐用町・朝来市・淡路市・篠山市・丹波市・洲本市・南あわじ市

京都府
京都市・宇治市・大山崎町・亀岡市・京田辺市・久世郡久御山町・城陽市・笠置町・加茂町・木津町・精華町・山城町・和束町・ 井手町・宇治田原町・長岡京市・向日市・八幡市

奈良県
奈良市・大和高田市・大和郡山市・天理市・橿原市・桜井市・五條市・御所市・生駒市・香芝市・葛城市・宇陀市・山添村・平群町・三郷町・斑鳩町・安堵町・川西町・三宅町・田原本町・高取町・明日香村・上牧町・王寺町・広陵町・河合町・吉野町・大淀町

和歌山県
和歌山市・海南市・橋本市・有田市・御坊市・田辺市・紀の川市・岩出市・紀美野町・九度山町・高野町

滋賀県
大津市・草津市・守山市・栗東市・野洲市・甲賀市・高島市

Copyright (C) Okataduke Komachi. All Rights Reserved.